実はこんなにあるんです!幸せを呼ぶといわれる『幸福猫』の柄や特徴

By ハナ
実はこんなにあるんです!幸せを呼ぶといわれる『幸福猫』の柄や特徴
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし
猫壱ブログの中でも何度かご紹介した、【幸せを呼ぶ】と言われている猫の種類や特徴。
何度も調べるうちに実は【幸せを呼ぶ】と言われている猫の柄や特徴がけっこうあることに気がつきました。
猫は不思議な魅力たっぷりでミステリアスなイメージが強いからか、こんな柄や特徴のある猫を飼っていると【幸運になる】と言う話が多いんです♪
幸せを呼んでくれる『幸福猫』といわれる猫の柄や特徴はどんなものなのか、まとめてみました!

 

◆尾曲り猫/かぎしっぽ

尻尾が途中で曲がっていたり、先が折れたようになっている『かぎしっぽ』の猫。
日本では長崎の尾曲猫が有名ですよね。
尻尾が曲がった猫は、曲がった尻尾の先に幸運を引っかけてくる、とヨーロッパでは言われているため『幸せを運んでくる猫』と言われるようになりました。
日本でも尾曲り猫は『妖怪・猫又』にならないとされ、悪さをしない猫だと思われていたようです。
ちなみに、猫の尻尾が曲がっている原因は遺伝かまだ尻尾の骨が固まっていない時に母猫や兄弟猫などに踏まれて曲がってしまった場合がほとんどです。
尻尾が元々曲がっている尾曲り猫は、尻尾が痛いわけではないので安心してくださいね♪

 

◆三毛猫

三毛猫が幸せを招くと言われているのは、日本ではかなり有名な話ですよね♪
三毛猫のオスは特に希少性が高いからか、金運がアップする、商売がうまくいく、などと言われています。
元々メスの三毛猫自体も数が少ないんだそう。むかしは今よりももっと個体数は少なかったでしょう。
そのため商売をしている家に三毛猫がいると、珍しい三毛猫を見にお客さんがやって来るため、商売が繁盛し、『三毛猫が幸せを運んできた』と言われるようになったようです。

 

◆黒猫

黒猫は不吉なイメージを持つ人もありませんが、日本では元々真逆のイメージを持つ猫でした。
実際に厄よけの招き猫には『黒猫』が使われていることがあるように、黒猫は厄を避け、幸せを呼び込むとされています。
欧米などの『魔女の使いの黒猫』のイメージが強かったせいで、日本でも沿う思われるようになったのかもしれませんね。

 

◆愛嬌のある猫

日本ではなくタイでの言い伝えですが、愛嬌のある猫がいる家はビジネス運がアップし、金運もあがり、なんと健康運までもが上がるのだとか。
かなりすさまじいパワーを持っている猫とされているようです。
愛嬌のある猫のように振る舞えば、人間関係がうまく行き大成するかもしれないからそのように思われているのかもしれませんね。
ただ単純にツンデレの猫が多いなかで愛嬌のある猫が珍しいからかもしれませんが…。

 

◆八の字眉毛

白と黒が可愛い『ハチワレ』猫のなかでも眉毛が困ったように八の字になっている猫は末広がりで縁起がいいと言われています。
ハチワレ猫は性格もとても穏やかで協調性も高いため、一緒にいる猫や家族とケンカをすることもあまりありません。
飼いやすい猫であることも含めて、縁起がいいといわれているのではないでしょうか♪

 

◆飼い猫

愛されている飼い猫はみんな『幸福を運んでくれる』猫なんです。
きっとその真実は猫を飼っているみなさんならわかっているはず♪
科学的にも猫を飼っていると寿命が延びると言われていますし、猫を飼うことで家族間の会話も増え、コミュニケーションもとりやすくなります。
何よりもさわると癒され、見ていると癒され、たまにケンカはするけど、とりあえず癒されます。
飼い猫はみんな確実に飼い主さんに幸せな気持ちを運んできてくれているのです♪


いかがでしたか?
猫はいつだって人間に幸せをくれているようです。
そんな幸せをくれる猫たちに同じくらい幸せだと思ってもらえると、飼い主たちはもっと幸せになれるかもしれませんね♪

(記事 ハナ)
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし