もういらないの?猫がごはんを隠そうとする3つの本音

By ハナ
もういらないの?猫がごはんを隠そうとする3つの本音
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし

猫がごはんを食べたあとや食べる前に、前足でごはんを隠そうとしているのを見たことはありませんか?


まるでトイレのあとに砂をかけるみたいに、猫がごはんの回りをしきりに掘るような動作のことを『エア砂かけ』ともいうのだそう。
エア砂かけはする猫としない猫がいるようなのですが、皆さんの猫は、ごはんを隠そうとエア砂かけをするタイプでしょうか?それともしないタイプでしょうか?

我が家の猫はたまーにする派。
基本的に、猫には同じ時間に同じ量で、全く同じごはんをあげているのですが、本当にごく稀にエア砂かけを行います。
毎日同じごはんを食べているので、「ごはんがいや」というわけではないとは思うのですが、猫がなにかを訴えているようにも見えて、なぜ猫はごはんを隠そうとするのかな?と疑問でした。

そこで、猫はなぜごはんを隠そうとエア砂かけをするのか、猫の本音を調べてみました!
   

◆あとで食べよう

猫は元々は狩りをしていました。
狩りには調子もあるので、うまく獲物がとれるときもあれば、うまく獲物がとれないときもあったでしょう。
そのため、猫はとれた獲物を『もう今いらないや』と思えるまで食べた後には、砂に埋めて餌を隠したのだそう。
 

うまく獲物をとれなかった時のために、とっておこうとしていたのかもしれませんね。
後で食べるものだから、敵やライバルに大事な獲物をとられないように貯食をしていたのだそう。

現在、家で飼われている猫も、お腹がいっぱいになると本能的に貯食をしようと考え、本能的に砂をかけるようにごはんを隠そうとするのではないか、と言われています。

ただ、狩り時代の猫もですが、砂をかけてとっておいた餌は、実は手をつけることがあまりないのだそう。
本当に砂の中に餌を隠していた時代には、猫は砂の中に餌を隠したことや、どんな場所に餌を隠したのか、忘れてしまっていたのかもしれませんね。
 

◆ごはんが気に入らない

猫がごはんを食べることなく、隠そうとしているときは『ごはんが気に入らない!』と抗議していることがあります。

たまに臭いだけ嗅いで、エア砂かけをしている猫を見ますが『不味そうだし、埋めてやれ!!』と本音では思っているのかもしれません。

お腹がすくとエア砂かけをした、嫌いなごはんでも食べることがあります。
同じごはんでも食べるときと食べないとき、エア砂かけをするときしないときがあるので、『今このごはんの気分じゃない』とエア砂かけで隠そうとしていることもあるようです。

ごはん前に毎回、エア砂かけを猫がするのであれば今のフードを猫はあまり好きではないのかもしれません。
フードを別のものに変えてみて、様子を見てもよいでしょう。

ちなみに、ごはんを食べ終わってからグルーミングをしている時は『ごはん美味しかった!!』と猫が思っているサインなのだそう。
猫の食前食後の様子を見て、猫の好みに合うフードを探してあげてくださいね!
 

◆食欲不振

猫が特にごはんのにおいを嗅ぐわけでもなく、ごはんを見かけたときにエア砂かけをするときは、猫が食欲不振になっているかもしれません。

人間もそうですが、体調が悪かったり、ちょっと気持ちがのらず、ご飯を食べる気にならないときもあります。
猫にも、体調不良や気持ちの問題で『ごはんを食べたくない』と思う日もあるのでしょう。

ごはんを食べることはできないけれど、元気になったら食べたいし…という気持ちで猫はエア砂かけをしているかもしれませんね。

もし食欲不振以外での異常が猫にあるのなら、すぐに病院にいってください。
猫が食欲不振なだけで、元気そうなら1日くらいは、猫に無理やり食べさせず、猫の様子を見てみましょう。

いかがでしたか?
我が家の猫はよくよく考えてみるとちょっと口をつけてから、ごはんを残すときにエア砂かけをしています。
ということは、我が家の猫のエア砂かけは貯食行動なのでしょう。
猫が我が家は残したごはんはすぐには引かずに、しばらくの間はそのままおいておくので、また食べている日もありました。

エア砂かけをする猫はけして珍しくありません。
なぜごはんを隠そうとするのか、行動を見ながら改善してあげられることはしてあげてくださいね。


この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし