猫のメンタル度数が知りたい!これって猫に嫌がられているかも……。

By bzp00343
猫のメンタル度数が知りたい!これって猫に嫌がられているかも……。
この読みものに付けられたタグ 暮らし
毎日一緒に過ごす大切な相棒。そんな猫に飼い主さんが心配になるのが、

「これって、もしかして猫にとって幸せではないのかも……。」

という日常のアレコレ。口がきけない猫の代わりに、イギリスで「ペット行動カウンセリング」の資格を取得した獣医師の藤井仁美先生が猫の雑誌に回答していた内容をご紹介しましょう。

 

■猫をずっと室内で過ごさせるのはやはり不幸なの?


猫は完全室内飼いが主流の日本。反面、猫を外に出すのは当たり前だというイギリス。果たして猫を室内で飼うのは猫にとってアンハッピーなのでしょうか。

「確かに動物として外に自由に出られるのは幸せなはず。しかし病気や事故の可能性を考えるとおすすめではありません。

そもそも猫が外に出たがるのは縄張りをパトロールしたいから。家の中を自由にパトロールできるのであれば、猫は十分幸せです。」

とのこと。家の中を自由に歩き回れるように配慮してあげる。できれば上下にも動けるようにしてあげると良いのではないでしょうか。

 

■食べないわけではないけど、いつも同じフードはかわいそう?


365日毎日同じご飯。人間ならとても耐えられない気がしますが、猫の場合はどうなのでしょうか?

「猫は一度食べた味を「これは食べても安心」と記憶します。猫が嫌がらずに食べているなら同じフードでも問題はありません。

フードの種類を変えるより、与え方を変えてみてはいかがでしょうか。フードを探し出して食べるような工夫をすると、猫の狩猟本能を刺激して幸せかも。」

なるほど~。これは良いアイディアですよね。よく聞くのは、ティッシュケースの空き箱にフードを数粒入れて猫に食べさせる方法です。

わざと小さな器に入れた猫のフードを、部屋のあちこちに置くのもアリかも。猫壱のおやつ皿はまさに最適です(=^ェ^=)
 


 

■猫だけで長時間の留守番、これは大丈夫?


一人暮らしで毎日仕事で深夜帰宅。猫だけのお留守番はやはり退屈なのではないでしょうか?

「猫は本来単独行動をする動物。もともと夜行性ですから、日中はお昼寝タイム。飼い主さんがいなくても問題はありません。

しかし運動ができないほど狭いスペースに閉じ込められたり、トイレが汚いなどの環境はストレスになります。きちんと環境を整えるようにすれば心配はないでしょう。」

そうですね。まさにその通り。猫はトイレにとても神経質。長時間家を開ける場合は、猫の数プラス1つトイレがあると安心かも知れません。

また、長時間遊んであげられない、と心配する飼い主さんもいますが、猫は「たまに長時間遊ぶ」よりも「毎日5分遊ぶ」ほうがハッピーに感じるそう。

5分だけでも猫と毎日向き合ってあげると喜ぶはずです。

 

■猫につける首輪や洋服、やはりストレス?


可愛い愛猫。似合いそうな首輪や洋服にテンションが上がる飼い主さんは多いかも知れません。

「猫は毛づくろいをして体温調節をしたり、清潔を保つ動物です。首輪は脱走防止の観点から仕方ないかも知れませんが、洋服を着せるのはかなりストレスを感じるはず。猫が無理に脱ごうとして手足が絡まって事故につながる恐れもあります。」

インスタ映えする愛猫のコスチューム。着せたい気持ちはわかりますが、短い時間だけに止めたほうが良さそうです。

首輪もできるだけ猫の負担を軽くする商品がオススメ。猫壱の首輪はとても軽くて国産の手作り。ちりめん素材は伸縮性があるので猫の首を締め付けません。

 

■猫をケージに閉じ込めるのはNG?


来客があるとき、猫をケージに入れて閉じ込めるのは猫にとってはやはりストレスを感じる行為なのでしょうか?

「猫は本来狭い場所を好む動物のようです。窮屈さはアンハッピーとは思わないでしょう。ただし入れっぱなしはNG。入れても3~4時間がベターです。」

確かに猫は狭い場所が好きですよね。しかしそれが出入り自由で自分の安心できる場所にあればこそ。

猫壱のポータブルケージは中にトイレも置くことができるワイドなサイズ。狭くても快適な環境を考えて作られています。



 

■最後に


いかがですか。猫の好き・嫌いは飼い主さんが配慮してあげる必要があります。猫にとって大切なのは、

・安心できる縄張りの確保
・綺麗なトイレ
・フードや水が十分にある

の3つ。まずはこれが基本です。この3つがきちんとしていれば、まず猫に嫌われないはず。ちょっとチェックしてみてくださいね。
この読みものに付けられたタグ 暮らし