猫の困った大好物…海苔。どうしてあげてはいけないの?

By bzp00343
猫の困った大好物…海苔。どうしてあげてはいけないの?
この読みものに付けられたタグ 知識

どうしてこんなモノを…。と思ってしまう猫の好物。
おからでできたトイレの砂を食べてしまう猫もいるそうですが、実は「海苔」も多くの猫が好む食べ物だと言われています。

我が家では猫が海苔に興味を持ったことがないため、猫に海苔をあげた経験がないのですが、海苔を開けた瞬間に飛んでくる猫の話はよく耳にします。

海苔が好きな猫は意外に多いようですが、海苔は猫に食べさせても問題のない食べ物なのでしょうか?

猫に海苔は食べても安全なのか、調べてみました。

1.    猫は海苔を食べても大丈夫?

結論から先に書くと、猫は海苔を食べても大丈夫です♪

ただ、海苔は栄養価が非常に高いので、たくさんあげすぎるのはあまりよくありません。
海苔を猫にあげる場合は少量を与えるようにしましょう。

2.    海苔の栄養価・成分



海苔は大豆に匹敵するくらいの良質なタンパク質が豊富な食べ物です。
加えてカルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、ヨウ素など猫に必要なミネラル分を多く含んでいます。
のりを食べるだけで体内のミネラルバランスを調整してくれそうです。

また、ビタミンも豊富で、A、B1、B2、Cなどを多く含んでいます。
得にビタミンAは豊富に含まれており、のり1枚の中には、卵1個分以上のビタミンAが含まれているのだとか。

海苔を食べるだけでとても健康になりそうな成分が海苔にはたくさん含まれているようです。

3.    海苔の効果と猫の健康

海苔は海藻なので、食物繊維が豊富な食べ物です。
海苔の食物繊維は、野菜類の食物繊維よりもやわらかいと言われており、腸内でも優しく整腸を促してくれると言われています。

食物繊維は、便秘の改善に効果的なことで有名ですが、コレステロールの排出も行ってくれます。
便秘がちな猫や、少し肥満が気になる猫には便秘解消やダイエットや効果が期待できのではないでしょうか。

また、海苔に含まれるタウリンは動脈硬化や心筋梗塞、心不全、糖尿病などの予防にも効果があると言われています。
実は猫の突然死は心臓の病気や心筋梗塞の場合も多いそうなので、猫にタウリンをおいしく摂取してもらうのは、いいのかもしれませんね。

加えて海苔にはサバなどの青魚に多く含まれている『EPA』と呼ばれる不飽和脂肪酸を含んでいます。
EPAは人間用のサプリメントでもよく見かけるのでご存じの方は多いかもしれませんね。
オメガ3と呼ばれている必須脂肪酸を含んでおり、炎症を抑える効果があると言われています。

EPAは血液がさらさらになると言われており、猫の高血圧や動脈硬化の予防が期待できます。

4.    海苔と猫泌尿器症候群(FUS)



前述もしましたが、海苔にはミネラルが豊富に含まれています。
健康な猫はミネラルを少々とっても問題はないのですが、尿路結石や腎不全を患っている猫はミネラルを摂取しすぎると、病状が悪化する可能性があります。

健康な猫でもマグネシウムとカルシウムを沢山摂取した場合、ストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム)やシュウ酸カルシウム結石のリスクが高くなると言われています。

猫の結石が出来る要因は、栄養面以外の遺伝、体質、飲水量、環境などが複雑にからんでいるといいますから、いちがいに食べ物だけが原因とはいえません。
ただ、猫は結石ができやすいと言われており、一度結石ができると再発もしやすい動物です。
結石ができたことのない猫でも、海苔を大量に食べ過ぎるのは避けましょう。
また、結石ができたことのある猫は海苔を避けた方がいいでしょう。


5. 猫に海苔をあげるときの注意点

海苔には味付け海苔も売られていますが猫にあげていい海苔は味付け海苔ではなく味のついていない海苔のみです。
味のついていない海苔を猫には与えてください。

少し余談ですが、海苔は関西と関東では好みが違うと言われています。
関西人は味付け海苔を好むため、スーパーに並んでいる海苔は味付け海苔が多い印象です。
関東は味海苔と焼きのりが半々に並んでいるところもあるようですが、焼きのりを好む人が多いため、スーパーでの陳列も焼きのりが多いそうです。

関西の方は海苔と聞いて味付け海苔を思い浮かべた方も多いはずですが、味付け海苔は、猫にあげると塩分の取りすぎになってしまい、健康を害する可能性があるので猫には与えないでください。

いかがでしたか?
猫は注意点はあるものの海苔を食べても問題はないようです。
もし猫が海苔を欲しがっているようなら、少量づず つちぎってあげてみてもよいかもしれませんね。

この読みものに付けられたタグ 知識