loading.gif
3042_ext_01_0.jpg
  • 3042_ext_01_0.jpg
  • 3042_ext_01_1.jpg
  • 3042_ext_01_2.jpg
  • 3042_ext_01_3.jpg
  • 3042_ext_01_4.jpg
  • 3042_ext_01_5.jpg
  • 3042_ext_01_6.jpg
  • 3042_ext_01_7.jpg
  • 3042_ext_01_8.jpg

ハッピーダイニング 脚付フードボウル 猫柄

オープン価格
猫にとって理想の食器はいかにあるべきか?
猫の食生活を見つめるところから誕生したしあわせの食器。

ハッピーダイニング 脚付フードボウル 猫柄

「猫ちゃんが食べやすくなったみたい!」
「まわりに食べ物がこぼれなくなった!!」
「ボウルのまわりが清潔を保ててうれしい!!!」
「スタリッシュなデザインが気に入っています」
というたくさんの声をいただいているフードボウルです。
その人気の秘密は数多くのリサーチ、
愛猫家の声をベースに、理想の猫の食事姿勢、身体的特徴を見つめ、
素材、デザインを検討し、しあわせの食器が誕生しました、

プロジェクト!
猫にとって幸せな食器を開発せよ!!

 この脚付きフードボウルの開発にあたって、猫壱ではハッピーダイニング・プロジェクトを立ち上げました。
 テーマは「猫にとって幸せな食器とは」
 プロジェクトのスタートにあたっては、じつに多くの猫と愛猫家へリサーチを重ね、ネコにとって快適な形状の食器にこだわりました。

猫がいつも食べにくそうに食事をしている理由は
その身体的な特徴にあった!

 猫は比較的食道がまっすぐ、という身体的特徴があります。
 そのため、低い位置に食器があると、胃よりも頭が下になるため、食道に留まった食べ物が戻りやすい状態で食事をしなければなりません。
 若い猫や健康な猫であれば、あまり気にならないかもしれませんが、病気などで弱っていたり老猫になってくると、その傾向が顕著になる場合もあります。

猫がいちばん食べやすい姿勢を考えた結果
”脚付き”という独自の形状が誕生

 この食べ物の逆流問題を軽減するために、脚付きにすることを考案。
 脚の高さを大人のネコが楽に食事のできる7.5cmに設定しました。高さ出したことで、頭と喉を下向きに下げた状態で食事をしなくて済むようになりました。
 これによりフードの逆流を防ぎ、一気食いによる嘔吐も軽減、「食べにくい姿勢で食事をしなければいけない」という猫の負担が軽減されました。
「野生の動物は、皆、地面で食事をするのだから、高さは不要」という説を耳にすることがありますが、食べやすい姿勢で食事をすべきであるのは間違いありません。
 ねこの習性や身体のしくみが解明されてきた今だからこそ、ネコにとってやさしい食器で毎日のフードは与えてあげたいもの。

食べやすさを追求した
ボウルの“丸み”の設計

 フードを与えていると、だんだん隅のほうに偏っていったりはしていませんか?
 じつは猫は食器の端に偏ったフードを食べるのが苦手なのです。
 そこで「ハッピーダイニング」シリーズでは適度なカーブを持たせることによって、フードが自然に中央に戻るように設計。これにより、いつも快適にフードを口にすることができるようになりました。
 これでフードの位置に合わせて、わざわざ首を動かす必要もなくなり、食べにくさのストレスが軽減されました。

食べこぼしが少ないヒミツは
ボウルの縁につけられた”返し”

 猫の食事の際の問題のひとつが“食べこぼし”でした。
 従来のお皿やボウルではそれを阻止するのに難点がありました。ハッピーダイニングシリーズでは、丸みのある浅い返しをつけることによって、フードのこぼれを阻止しました。しかも、適度な厚みをもたせることによって、縁を口ではさんでフードをとらえる子にもオススメの形状になりました。

素材に磁器を選んだのには
“重み”という必要性があったから

 猫が食事をする際、食器と一緒にどんどん移動しながら食べている姿を見たことはありませんか?
 これは食器が軽すぎるために起こる現象でストレスの原因にもなります。
  「ハッピーダイニング 脚付フードボウル」は、素材には磁器を用いることで、約295gと適度な重さを出しました。
 そのため食事の時にも安定感があり、食器がガタつくこともなく、ねこも快適に食事をすることができます。

磁器だからさめにくい電子レンジもOK
温めることで匂いで食欲増進

 陶器は土から作られるため、吸水性多孔性で水が浸透するという性質があります。
 一方、磁器は陶石と呼ばれる岩石が主原料で、ほとんど水を通すことなく緻密で固いという特徴があります。
 「ハッピーダイニングシリーズでは、磁器を採用したことによって、温めたフードがさめにくいだけでなく、電子レンジで使用することもできます。食が細くなったねこや老猫には、フードを温めることによって匂いが伝わりやすくなり、食欲を増進することがわかっています。
 他の食器にわざわざ移し替えることなく温められるので楽チン!

丈夫だから扱いやすい
食洗機でら~く楽!

 磁器を採用したことによって固いため扱いが楽というメリットがあります。
 食洗機にも対応しているので、多頭飼いで食器を洗うのが大変…などという時にも、食洗機でスイッチひとつです。

猫の食器も美しくあるべきである
そんな考えから生まれたデザインです

 機能性食器の弱点は、かわいい食器がないこと。
「ハッピーダイニング」シリーズでは、スタイリッシュな中にもかわいさと遊び心のあるデザインをコンセプトに、どのようなインテリアにも合うフードボウルを完成させました。
 磁器特有の透明感のある白さを尊重し、清潔感を保つために、デザイン面ではシンプルさを身上とし、過剰な柄を控えました。
 その一方で、フードがなくなると皿底に出てくるネコの顔シルエットや、側面に付けられた足跡など、思わずクスッと笑みが溢れる要素を加え、猫と過ごす楽しい毎日を、より幸福に感じて頂けるように工夫しました。

こんな食器がほしかった。ありそうでなかったデザイン
猫もなんだか食事が楽しそう!

 食事の時の姿勢や全体のデザイン、素材、重さなど、食器を構成するあらゆる要素に徹底的にこだわった結果、「食べやすい」「こぼれない」「清潔を保てる」という機能性と、「スタリッシュ」なデザイン性を兼ね備えたフードボウルが誕生しました。
 幸せの食器で猫ちゃんとの幸福な時間を心ゆくまで楽しんでください。

Amazonのカスタマーレビューでも高評価!
喜びの声をご紹介いたします。

 「高さがあるので食べやすいようで猫ちゃんも気に入ってます。見た目もかわいらしいです」
 「ちょうど良い大きさと高さだったようで上手く食べられるようになり、ドライフードとおやつのどちらでもしっかりとよく噛んで食べるようになりました」
 「外に出して食べることが少なくなりました。ベストセラー1位はヤッパリ本物でした」
 「にゃんこ様の食いつきがとても良くなりました、食べ残しもしなくなりました。ほんの10センチちょいの足が皿に付いてるだけなのにとても食べやすいようです。」
 多くの愛猫家の方から高い評価をいただいているフードボウル。
 猫がおいしそうに食べいる姿を見てみたいという方は、ぜひ、この「ハッピーダイニング 脚付フードボウル 」をお試しください。

ハッピーダイニング 脚付フードボウルのここがスゴイ!

●食べやすい高さで、猫の食べにくさと食事の逆流問題を軽減
●ボウルの中央にフードが自然に戻り、食べにくさのストレスを軽減
●縁に返しがついているので、こぼれない
●重さがあるので、安定しているから食べやすい
●温めたフードが冷めにくい磁器製素材を採用
●電子レンジや食洗機にも対応で飼い主にもやさしい
●食をじゃましないシンプルなデザインがカワイイ
品名      ハッピーダイニング 脚付フードボウル
価格      オープン
サイズ    器部分:直径11cm 深さ3cm
           足部分:直径9cm 高さ4cm
           全体サイズ: 幅11×奥行11×高さ7.5cm
重量      295g
素材      磁器製
POTTERY CAT FOOD BOWL
こんな食器がほしかった。
内側の縁に適度な丸みと厚みをつけることにより、食べにくさのストレスを軽減。自然にフードが器に戻ります。
1.png
2.png
重量感があり、がたつきもなし、
何より猫が食べやすそうに食事してます。
足付だから、頭と喉を下向きに下げた状態で食事をしなくて済みます。
また重さがあるので動きにくく安定しています。
ありそうでなかったデザイン
磁器特有の透明感のある白さを尊重し、過剰な柄は控えました。
3.png
4.png
ねこの身体構造から考案
猫は比較的食道がまっすぐな動物のため、食道に留まった食事が戻りやすいのですが、高さのある食器で食べることによりフードの逆流を減らし、猫の負担が軽減されます。

Follow Me!
  • icon_fb.png
  • icon_insta.png
  • icon_tw.png

猫との暮らしをより豊かにする猫壱(ねこいち・ネコイチ)ブランドサイトです。
わたしたちは猫とお客様を深いレベルで理解することでデザインの美しい機能性にも優れた商品を開発します。