今のおもちゃに飽きてきた!猫におもちゃを飽きさせない工夫とは?

By ハナ
今のおもちゃに飽きてきた!猫におもちゃを飽きさせない工夫とは?
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし
あなたの愛猫は、今お家にあるおもちゃに満足していますか?

人間の子供だって、いくら気に入っているおもちゃでも、ずーっと使っていると飽きてくることもあります。
猫だって同じです。

いくら大好きなおもちゃだったとしても、ずーっと同じ場所で同じように遊んでいたら、飽きてしまうこともあるのだそう。
我が家の猫は、もうシニアなのでおもちゃで遊ぶことはありませんが、若い頃は結構飽き性で、同じおもちゃで3ヶ月以上遊んだことはありませんでした。

 

お安いねこじゃらしなら、猫が飽きてしまっても『まぁいっか』と諦めがつき、新たなおもちゃを買い直す気にもなりますが、ちょっとお値段がしたオモチャは『まだ遊んでよー!!』とがっかりとしてしまったものです。

猫が今あるおもちゃに飽きてしまったら、どうすればよいのでしょうか。
おもちゃを買い換える前にできることがあるかもしれません!

今回はおもちゃに飽きてしまう前にできる一工夫や、実際に飽きてしまったおもちゃへの対処法をご紹介します♪
 

◆猫がおもちゃに飽きる前に

猫はなぜ、おもちゃに飽きてしまうのでしょうか?
猫は記憶力がいい動物だと言われています。
短期記憶に関しては人間よりも猫のほうが優れており、長期記憶も人間には劣りますが猫も十分に優れていることが実験でもわかっているのだとか。

そのため、ずっと使っているおもちゃがどんな動きをするのか、どんな風に遊ぶものなのかを覚えてしまい、どんどんと新鮮味がなくなってしまい『飽き』が出てくるのでしょう。
記憶力のいい猫は『飽きた』と覚えてしまったおもちゃでは、時間が経っても遊ばない可能性もあります。

猫が気に入っていて離さないおもちゃは別ですが、基本的におもちゃは『飽きる前に変える』ことです。
ただし、新しいおもちゃを次々に買うわけではありません。
おもちゃへの興味が薄れてきたら、一度そのおもちゃを片付けて、別のおもちゃで遊ばせます。
別のおもちゃへの興味も薄れてきたら、片付けておいたおもちゃを猫に差し出し、遊ばせる、というようにサイクルさせましょう。

また、おもちゃは出しっぱなしにはしないようにして、おもちゃへの興味が向きやすいようにしておくと、おもちゃに飽きることも少なくなります。
いつでもおもちゃが猫の周りにあるわけではなく、『遊ぶ時間』にだけ猫におもちゃを与えるようにすれば、おもちゃへの関心を持ったままになりやすいですよ♪
 

◆今あるおもちゃを飽きさせないアイデア

今あるおもちゃに飽きてしまっている場合は、おもちゃを捨ててしまった方がいいのか、というと…そういうわけではありません。

ちょっとした工夫をするだけで猫がまた興味を持ってくれるようになることもあります。
猫が飽きてしまったおもちゃに興味を持ってくれるようになるアイデアを、猫壱の商品も交えてご紹介します♪
 

①キャットトンネル

(猫壱のキャットトンネル木目柄はこちらから☆)

キャットトンネルは猫の寝床にもなるので、出しっぱなしにしている方も多いおもちゃではないでしょうか。

もし、キャットトンネルに飽きてしまった場合は、他のおもちゃと合わせて遊ばせてみてはいかがでしょうか?
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2のような電動のおもちゃと、キャットトンネルを組み合わせて遊ぶのも楽しいですが、ポインターなどと合わせて遊ぶのも楽しいですよ。
また、キャットトンネルを立てて置いてみるのも目新しさがあり、猫がまたキャットトンネルに興味を持ってくれるかもしれません。


②キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2 

(キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2はこちらから☆)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2はハマる猫が多い、猫壱で一番人気のあるおもちゃです。
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2の一番の魅力は不規則な動きにあります。次どう動くかわからないからこそ、猫がずっと遊びたがるおもちゃと言えるでしょう。

しかし、猫がキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2も飽きてしまう日がきます。
猫がキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2に飽きたら、しばらく片付けておくのもいいのですが、キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2のカバーをはずしてみるのも、新鮮味があり猫の興味を惹くことができるようです。
  カバーをかぶって自分でスイッチ・オン!で遊んじゃうツワモノ猫ちゃんも…

また、カバーを付属のものではなく、新聞紙やビニールなどにも変えてもいいでしょう。
カバーが違うと全く違うおもちゃに見えて猫もまた遊んでくれるかもしれません。

いかがでしたか?
猫におもちゃで長く遊んでもらうためには飼い主側の工夫や、気遣いも必要なのかもしれませんね。
キャットトンネルやキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2に飽きてしまった!という猫ちゃんに是非試してみてくださいね!
 
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし