やっちゃダメ!夏に猫を留守番させるときのNG行動

By ハナ
やっちゃダメ!夏に猫を留守番させるときのNG行動
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし ゲーム・アプリ

突然ですが、暑くなってから猫におうちで留守番させるとき、してはいけないことは下記のうち一体どれだと思いますか?

①エアコンの温度は人間も快適な26度
②エアコンの温度は28度
③防犯上開けっ放しでも問題のない窓を開け、風通しをよくしている
④防犯上開けっ放しでも問題のない窓を開け、扇風機もつけている
⑤防犯が気になるため窓は締め切り、扇風機をつけっぱなしにしている

答えは…
暑い時期の猫のお留守番でしてはいけないのは「①と⑤」、注意が必要なのは「③と④」なんです。
ではなぜ、「①と⑤」は猫を留守番させるときにしてはいけないのか、「③と④」はどんな点に注意が必要なのか、ご紹介します。


***********
★あわせてよみたい
判断ミスが命取りに!猫の熱中症で病院に行くべき危険なサイン
【猫の脱走】夏に多い猫の逃亡事件。猫が脱走したらココをチェック!
猫に水をたくさん飲ませたい。猫に水を与える方法の基本を知っておこう
***********

◆エアコンの温度は26度設定はなぜNG?

30度を越える暑さの日には、猫のためにエアコンをつけっぱなしにして仕事にいく、という人も多いのではないでしょうか?
もちろん、エアコンをつけっぱなしにした状態で猫にお留守番をしてもらうのは、猫の熱中症を防ぐこともできるため、『してはいけない行動』ではありません。

問題はエアコンの『温度設定』にあります。

猫は寒いのが苦手なことは、皆さんご存じのはず。
人間が快適に感じるような26度前後の室温は、実は猫にとっては少し寒く感じてしまうのです。
猫は室温が28度前後で湿度が少ない状態が、一番『過ごしやすい』と感じるのだそう。

真夏日にクーラーの温度が28度だと、ちょっと暑いと感じてしまう人も多いかもしれません。
猫も暑いだろう、と室温を下げてあげる人もいるかもしれませんが、猫的には『人間がちょっと暑い』と感じるくらいがちょうどいいのだそう。

また、室温よりも湿度に参ってしまう猫も少なくありません。
猫がお留守番をしているときには、冷房にするのではなく、除湿で28度設定にしておくのが猫にとっては過ごしやすいかもしれませんね。
 

◆窓を閉め、扇風機をつけたままはなぜNG?



エアコン代の節約や、防犯上の理由から窓を閉め、日中に扇風機だけをつけ、猫を留守番させようと考えている飼い主さんも、もしかしたらいるかもしれません。

しかし、基本的に扇風機は『暑さ対策』にはなりません。
人間が扇風機にあたり、『涼しい』と感じるのは、汗が風で冷やされ蒸発し、体温を下げるからです。
元々あまり汗をかくことがない猫にとっては、あまり涼しさを感じるものではないでしょう。

涼風機能がついている扇風機なら別かも知れませんが、扇風機の主な役割は『空気を循環させること』にあります。
風通しの良い部屋や涼しい空気がある場所で扇風機を回せば、冷えた空気が部屋を循環し涼しく感じます。
しかし、窓を閉め、暑い空気の充満した空間で扇風機を回しても暑い空気が循環するだけなんです。
結果的に室温は下がることがないため、猫が熱中症になる危険性があります。

窓を閉めきった状態で、猫にお留守番をさせるのであれば、「エアコンをつける」「長時間対応できそうな涼風がでる扇風機を使う」など、普通の扇風機以外での熱中症対策をしてあげましょう。
 

◆窓を開けてのお留守番させるときの注意点

防犯上に問題がないようであれば、窓を開けっぱなしにして、猫にお留守番をしてもらっても良いと思います。
しかし、気温が30度を超え、湿度がひどくベタベタとする日には、窓を開けっぱなしにしていても猫が熱中症になってしまう可能性は否めません。
また、網戸が何らかの事故で外れてしまったり、猫が勝手に網戸を開けてしまい脱走する可能性もあります。

猫が過ごしやすい28度程度の室温で、かつ脱走対策をしていれば、窓を開けてのお留守番でも大丈夫でしょう。
 

◆風通しをよくして扇風機をつけるときの注意点

基本的に、猫に長時間お留守番してもらうとき、扇風機には注意が必要です。
扇風機はわりと不安定なもの。
ちょっと当たると、倒れてしまうこともあります。

扇風機の電源がついたまま倒してしまうと、扇風機はどんな風になってしまうかご存じですか?

倒れかたや倒れる勢いにもよるのでしょうが、我が家では娘が起動中の扇風機をおもいっきり押したとき、倒れた先に何かおもちゃがあり、羽の一部が割れて吹っ飛ぶという事故がありました。

娘には怪我もありませんでしたし、扇風機はすぐに消したので大事には至りませんでしたが、もしかすると誰かが怪我をするかもしれない事故でした。

猫だけで留守番をさせているときに、もし、同じように扇風機を倒してしまったら?
もし猫が扇風機のなかに手を入れてしまったら?
怪我をしてしまうこともあるでしょう。
「猫がぶつかっても倒れにくい」「猫の手には届かないような場所に扇風機がある」のであれば問題がないでしょうが、倒れやすい扇風機は事故につながる可能性があります。

長時間猫にお留守番をしてもらうのであれば扇風機には少し気を付けた方がいいかもしれませんね。


***********
★あわせてよみたい
猫だけで夏のお留守番・みんなが心配に感じているQ&Aを大公開
暑さだけじゃない!飼い主さんは要注意・猫が夏バテをする意外な理由
***********
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし ゲーム・アプリ