猫の『フケ』は病気?大量にでる猫の『フケ』の原因と対策

By ハナ
猫の『フケ』は病気?大量にでる猫の『フケ』の原因と対策
この読みものに付けられたタグ 知識 健康
猫の体に白い粉のようなものがついついたこと、ありませんか?
ほこりかな?と思っている方もいるかもしれませんが、あの猫についた白い粉は『フケ』の可能性が高いのだそう。

フケは猫の古い皮膚が剥がれ落ちたもの。なので猫のフケの量が少しであれば気にする必要はありません。
猫の体の当然の代謝といえます。

しかしに猫のフケが大量にでるようであれば、なにか原因があるかもしれません。
フケがでやすくなる病気もあるため原因をまとめてみました。

 

◆猫の乾燥によるフケ

冬はどうしても乾燥する季節。
特に暖房をいれていると尚更部屋のなかは乾燥するでしょう。

乾燥した室内にいると人間も乾燥肌になりますが、猫だって1日中乾燥した空間にいると『乾燥肌』になってしまうのだそう。
最近では乾燥肌の猫は増加傾向にあるのだとか。

乾燥肌になった猫は古い皮膚が剥がれ安くなるため大量にふけがでてしまうのです。

乾燥が原因で猫から大量にフケがでているのであれば、まずは環境を変えてみましょう。
なるべく加湿を心がけ、猫の皮膚が乾燥しないように気を付けてください。

皮膚の乾燥からの猫のフケにはブラッシングもフケを減らす効果があるといわれているので、こまめなブラッシングも合わせて行うといいかもしれませんね。

 

◆スタッドティルによるフケ


あまり聞いたことがないかもしれない『スタッドテイル』という言葉。
スタッドテイルとは尻尾の付け根辺りにある、『尾腺』が炎症を起こし分泌物が過剰になる猫の病気の事を指します。
去勢していないオス猫に多く発症する病気と言われています。

完治はしませんが、命に関わる病気ではないのだそう。
スタッドテイルの猫は尾線にある分泌液が過剰に出てしまうため、尻尾がベタベタしたり、毛が絡まってしまったり、悪臭がすることもあるようです。
また症状に付随して猫が大量にフケを出すこともあるのだそう。

猫の尻尾周辺に異常があり、猫がフケを出しているのであればスタッドテイルの可能性もあります。
病院で診てもらうようにしましょう。

 

◆ノミ・ダニ


ノミやダニに猫が感染すると『痒み』だけが症状として起こるような気がしてしまいますが、実はノミやダニの感染でも猫に大量のフケがでることはあるんです。

猫がノミやダニに感染している場合は『フケ』がでるだけでなく、皮膚が炎症を起こしているため猫の毛も一緒に抜けてしまったり、痒みが現れることが多いと言います。
ノミやダニを駆使しなくては猫のフケも痒みなどの他症状も治まることはありません。
それだけでなく、ノミやダニは人間にも寄生し、人間が同じような症状を引き起こす可能性もあります。

猫がノミやダニに感染している場合には速やかに駆除しましょう!
また、完全室内飼いではなく、自由にお外にでることができる猫はノミやダニをつけて帰ってくることは非常に多いです。
予防をきっちりとしましょう。

 

◆ツメダニによるフケ

『ツメダニ』という名前から爪に寄生するダニかな?と思ってしまったのですが、ツメダニは大きなかぎ爪を持っていることが特徴のダニです。

ツメダニのなかでも『猫ツメダニ』という種類のツメダニに猫に寄生すると大量のフケがでるのだそう。
猫がツメダニに噛まれた場合にはあまり痒がることはなく、痒み自体はかなり軽度だと言われています。猫が痒がることもあまりなく大量のフケがでているだけだったら、あまり緊急性を感じないかもしれません。

しかしツメダニに人間が噛まれるとかなり痒いのだとか。
強い痒みや腫れなどの症状も出てしまうため、人間にとってもツメダニは危険な虫です。
乾燥している季節でもないのに猫が大量にフケをだしていたら、『様子を見る』のではなくなるべく早めに病院へいき調べてもらった方がよいでしょう、

いかがでしたか?
猫のフケは『不潔だから』という理由だけででるわけではないようです。
皮膚病やその他の外的要因でフケがでている場合も多いため、猫が急に大量のフケをだしている場合や、長期間フケがで続けているときには動物病院で相談するようにしましょう。
この読みものに付けられたタグ 知識 健康