【猫あるある】猫が物をわざわざ落とす4つの理由

By ハナ
【猫あるある】猫が物をわざわざ落とす4つの理由
この読みものに付けられたタグ 知識
机やテーブルにのっているものをなぜかわざと猫が落としていく…。
猫あるあるではないでしょうか。

落とす必要もないのに乗っているものをどんどん落としていく猫に『ちょっとやめてー!』と思うこともあるはず。
私は子供用のパズルを猫に落とされるともとに戻すのが面倒なので、『本当にやめてくれー!』と思ってしまいます。

猫がものを落とすのは何か特別な意味でもあるのでしょうか?
猫が物をわざと落とす理由をご紹介します。

 

◆単純にじゃま

猫はただ単純に通り道に『障害物』があり邪魔だと感じたため、邪魔なものを落とすことがあります。
『猫が物を落とす理由』の中で一番多い理由なのかもしれませんね。

ちょっと高いテーブルや出窓など、猫が何気なく通る道に何か置いてあり、邪魔に思ったので落とす、ということはよくあることだそう。
もちろん、猫も通り道にある全ての物を落とすわけではありません。
物をよけて通ることだってあります。
しかし、猫パンチで落ちそうなものや猫的に気に入らないものの場合には『わざわざ避ける』のではなく、『物に場所を譲らせる』形で道を作り、通っているようです。

 

◆縄張りを荒らされると思っているから

猫が新しく置いたものや新しく買った物ばかりを落とす場合は、そのものを猫が『縄張り荒らし』だと思っている可能性があります。

猫にとって家は自分のテリトリー。
『家の中は自分の物』と思っている猫も多いはず。

安心できるはずの自分のテリトリーに見知らぬものが急に現れたら…猫は『脅威』を感じ排除しようと試みることがあるといいます。 
その排除の手段が『落とす』という行為だったのでしょう。

執拗に同じものを猫が落としたり、新しいものは必ず落とすのであれば猫は『縄張りが危ない!』と感じて物を落としている可能性があります。
猫の縄張りは家のな全体の場合もありますが、自分の縄張り、飼い主さんの縄張り、など猫のなかで細かく『縄張りわけ』をしていることが多いです。

落とされてしまうものや、新しく買ったものは猫の縄張り外に置けるように色々と場所をかえてみるといいかもしれませんね。

 

◆研究している


ものを落とすのは『シニア猫』よりも若い猫や子猫な方が多いといいます。
若い猫や子猫の方がよく動き、好奇心も旺盛だから当たり前なのかもしれません。

しかし若い猫や子猫は『好奇心』だけで物を落とすわけではないと言います。

実は若い猫や子猫は物を落とした時に落としたものがどんな風に落ちるのか見て、『研究』をしているのだそう。
色々な物をわざと落としてみて、危ないものではないか、どうなるものなのかを確認しているといわれています。
もしかすると狩りの時の参考にしよう、という本能的な考えもあるのかもしれませんね。

 

◆飼い主さんの気を引きたい

邪魔になっているわけでも、好奇心でもなく、猫は物を落とすことがあります。
飼い主さんの気を引きたいときに何か物を落とす猫も少なからずいるようです。

猫が物を落とした時に過剰な反応をしたり、笑ってしまったり、要求に答えてしまう飼い主さんのいる猫ほど『飼い主さんの気を引くため』に物を落とします。
『物を落とす=飼い主さんがくる』と猫のなかで結び付いてしまっているため、飼い主さんの気を引く手段として猫は物を落とすようになるのだそう。

もしかすると猫は物を落とす、飼い主さんが拾う、また落とす、拾う、という『遊び』をしているつもりになっているのかもしれません。
猫が物を落とすたびに過剰に反応してしまう飼い主さんは猫が物を落としてもあまり反応しないようにしましょう。
また『物を落とさないとき』に猫ともコミュニケーションをとってください。
そうすることで、そのうち猫も『物を落としても飼い主さんはこない』と学習し、物を落とさなくなるはずです。

落とされて困るものは…。
猫に物を落とされるのは困るし、ちょっと『やめてー!』と思います。
しかし、猫が物を落とす理由によっては『しつけで物を落とすのをやめさせる』ということはできません。

一番いいのは『落とされて困るものは置かないようにする』といいこと。
猫のての届きそうな場所や猫が通りそうな場所には落とされたらいやなものは置かないようにしましょう!
この読みものに付けられたタグ 知識