岩合さんが初の映画監督に!2019年2月22日、『ねことじいちゃん』を観よう!

By bzp00343
岩合さんが初の映画監督に!2019年2月22日、『ねことじいちゃん』を観よう!
この読みものに付けられたタグ 話題の猫 カルチャー
生まれ変わったら岩合さんになりたい……。そんな猫好きが多数いるという、猫界のレジェンドといえば、動物写真家の岩合光昭さん。

岩合さんは、日本人として初めて『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙を2度飾った経歴を持つ、世界的に有名な動物写真家です。そんな岩合さんの写真の中で特に人気があるのは猫・猫・猫ですよね(=^x^=)

私がNHKの受信料を「年間一括払い」で払っているのは、彼のNHK-BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』をヘビロテしているからこそ。特にモロッコの街に暮らす猫ちゃんは可愛かったです。。。

そんな岩合さんが、なんと映画監督に初めて挑戦しました!2019年2月22日、猫の日に公開予定のその映画のタイトルは、『ねことじいちゃん』です。今回は詳しくその内容をご紹介しましょう!

 

■『ねことじいちゃん』気になる内容、配役は?


Webサイト『コミックエッセイ劇場』にて連載中のコミック『ねことじいちゃん』。作者は名古屋を拠点としながらイラストレーター【ミューズワーク】として活動中のねこまき氏。

ほのぼのした語り口と、どこか懐かしい情景が特徴のねこまき氏の漫画。他の著書に、『まめねこ』シリーズ(さくら舎)、『ちびネコ どんぐり』(ホーム社)、『しばおっちゃん』(実業之日本社)なども有名です。

このねことじいちゃん、主人公の大吉じいちゃんには、これまた映画初主演となる落語家の立川志の輔が選ばれました。この配役は、岩合監督自らが「大吉さんは志の輔さんしか考えられない」という熱いオファーを受けて実現したとか。お互い67歳&64歳というシニアコンビの初チャレンジ。

そしてヒロイン役には芸能界の中でも猫好きで有名な柴咲コウさんが3年ぶりに映画出演することが決まっています。

そんな『ねことじいちゃん』気になる内容をサクッとご紹介しましょう!


68歳のときに愛妻に先立たれた主人公の大吉じいちゃん。もとは小学校の先生をしていましたが、現在は飼い猫のタマと二人暮らしの70歳です。

タマは10歳と7ヶ月。人間なら50代のジェントルマン。猫の島で、モッキュモッキュと歩くのんびりした性格です。

大吉じいちゃんの日課は毎朝タマと散歩すること。そして趣味は亡き妻が残した料理レシピノートを完成させることです。

島にカフェを開いた若い女性・美智子さんに料理を教わったり、幼なじみの巌さんや気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている大吉じいちゃん。

しかしある日、友人の死に落ち込む大吉は、いままでにない体の不調に襲われます。心配した息子から、「東京で一緒に暮らそう」と提案される大吉じいちゃん。穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、突然タマが姿を消して―。

一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは―?

 

■号泣必須!?どうなる大吉じいちゃん!




原作の漫画、「ねことじいちゃん」は、2018年11月現在4巻まで発売中。慣れ親しんだ島を離れ、大吉じいちゃんは東京に引っ越すのでしょうか?そしてタマの運命は?

気になるところ満載の映画、『ねことじいちゃん』ですが、見どころはそこだけではありません。豆ごはんやカルパッチョ、卵焼きなど作品の中でも思い入れの深い料理が次々に登場します。

愛妻との出会いの思い出となっている豆ご飯。つやつやとした美味しそうな料理は、フードコーディネーターとして数々の映画作品を担当してきた飯島奈美さんが手腕を振るっています。

ヒロイン役の柴咲コウさんが鮮やかな手つきで魚をさばくシーンも楽しみですよね!柴咲コウさんといえば、オッドアイの白猫、ノエルちゃんを、熊本でのライブの途中に立ち寄った保護猫カフェで、運命の出会いをしたことで有名です。

彼女は真の猫好き。なんといってもファンクラブの名前が「猫幸組」ですからね~( ´ ▽ ` )

2016年に、やはり保護猫として引き取った白黒猫のルナちゃんが虹の橋を渡ってしまったそうですが、この映画のヒロインとして、柴咲コウさんがタマを可愛がるシーンはきっと演技ではないはずです!

 

■最後に


猫好きなら絶対に見逃せない猫映画、「ねことじいちゃん」。2019年の2月22日に公開です。これはぜひ観ないと!

この映画の公開に合わせて、写真展「ねことじいちゃん」が、2019年1月から富山市民プラザ、日本橋三越本店を皮切りに全国巡回展示が決定しています!これも要チェック!

そしてこの映画に向けた作品の写真集も、12月に刊行予定となっています。ぜひ本屋さんでチェックしてみてくださいね。
この読みものに付けられたタグ 話題の猫 カルチャー