猫はどのくらい言葉がわかってる?猫と上手に『お話』する3つの方法

By ハナ
猫はどのくらい言葉がわかってる?猫と上手に『お話』する3つの方法
この読みものに付けられたタグ 知識
『ごはんだよ』と言えば急いでやってきて、名前を呼べば振り向いてくれる。そんな猫は多いと思います。
我が家の猫も名前を呼べば振り向きますし、私が娘や息子の名前を呼んでいるときはちらっと子供達の方を向くので、『家族の名前』はわかっていそうな気がします。

なんとなく言葉がわかっていそうな猫。
どのくらい人間の話していることを理解していて、どんな言葉はわからないのでしょうか。

猫の言葉の理解力と猫と上手くコミュニケーションを取るためにの『猫との話し方』をご紹介します。

 

◆猫は人間の言葉がわかる?

猫は2~3歳程度の知識があると言われています。
そのためある程度人間の話していることは理解しているのではないでしょうか。

とはいえ、猫と人間は違う動物。
人間の話す言葉は猫からすると『言葉』として理解しているわけではなく『音』として理解しているのだそう。

例えば『ごはん』という単語。
猫は『ごはん』という単語を理解しているわけではなく、『ごはん』という語感の音が人間の口から出てきたら『ごはんがでてくる』と理解しているようです。
たまに『ごはん』と似た単語を言うと猫が振り向くのもそのせいかもしれませんね。

 

◆猫の言葉の理解力

猫は『音』で言葉を覚えていますが、自分の名前や家族の名前も音できちんと覚えているのだそう。
ただ、猫の名前を毎回違う『あだな』で呼んでいたり、いつもと違うイントネーションやあだなで家族の名前を呼ぶと、『音』と『人や猫』が一致しなくなるため、名前を覚えることができません。
猫は言葉を『音』でしか理解できないので仕方ないですね。

また、猫はこの『音』がでたら『いいことがある』、この『音』がでたら『悪いことがある』など、人間の言葉と自分の中の『よかった記憶と悪かった記憶』を繋げて覚えているのだそう。
例えば『こらっ!』と言われれば猫は『悪いことがある』『怒られる』ということはきちんと覚えているのです。

猫をしかるときに猫の名前を呼んではいけない、と言われていますが猫が『猫の名前』と『叱られる記憶』を繋げて覚えてしまい、自分の名前をいやがるようになってしまうからなのでしょう。

そう思うと猫はわりと『人間の言葉』と行動を理解しているのかもしれませんね。

 

◆猫と上手に話す方法


では猫に上手に人間の気持ちや言葉を伝えるにはどうすればいいのでしょうか?
猫と上手にコミュニケーションを取るときに必要なコツはたった3つだけ。
それぞれ詳しく見てみましょう!

 

①言い方を変えない

上記しましたが、猫は音と物を結びつけて記憶しています。

例えば『お母さん』という言葉。
猫は『お母さん』という音とその家族を覚えていますが、その時々で『お母さん』のことを『ママ』『かーちゃん』など同じ意味の違う言葉で呼んでいると猫は『お母さん』という単語がいったい何を指すのかわからなくなってしまいます。

また言葉を音で覚える猫はいつもと違うイントネーションで言葉を話されてもいまいち理解ができません。

猫とお話をするときはイントネーションや言い方、呼び方すべて統一し、毎回同じようにお話してあげるようにしましょう。
そうすることで猫も言葉をたくさん覚えてくれるようになるはずです♪

 

②行動と言葉を結びつける

猫は記憶と言葉を合わせて覚えます。
そのため何かしら猫の記憶に刷り込まれるような『経験』が伴った言葉は猫も覚えやすいようです。

『ごはん』という言葉『ごはんをもらえる』というように、毎回同じ言葉をいいながら同じ行動をしていると、猫は言葉と行動を一致させて覚えてくれるようになるでしょう。

 

③似た単語をなるべく避ける

猫は言葉一文字一文字を覚えているわけでなくあくまでも飼い主さんの言葉を『語感』で判断します。

そのため語感がよく似た単語は猫からすると判断できないことがあるようです。
猫と話をするときはなるべく語感がちが卯単語を選んであげると猫も単語を理解しやすいかもしれませんね。

いかがでしたか?
猫は人間の言葉なんとなくわかっているようです。
人間がもっと猫に分かりやすくお話ししてあげれば、猫はもっと人間の言葉や気持ちをわかってくれるようになるのではないでしょうか。
そうすれば今以上に猫とコミュニケーションもとれ、仲良くなれるかもしれませんね。
この読みものに付けられたタグ 知識