W犬歯、見たことありますか?

By キャットシッターはるた
W犬歯、見たことありますか?
この読みものに付けられたタグ キャットシッター
八月の繁忙期が終わり、一息つく間もなく九月に突入でした。

九月は三連休が二回も続き遅い夏休みを取るお客様が多くいらして、かなりの依頼数が入りました。

お留守番する猫たちも沢山でした。酷暑の八月が過ぎて涼しくなった九月は、お留守番には良い気候でした。

母猫と子猫二頭のお留守番が6月、8月、9月と続けてあり仔猫の成長の速さに驚くばかりでした。

母猫は三毛柄、仔猫たちは白黒&キジトラです。猫の毛色のお話も奥深いのですがまた今度。

保護された時、母猫はやせっぽちで、ご飯も子猫に譲ってばかり・・・

母猫の仔猫に向ける愛情は胸を打つことばかりですね。

子猫だけ引き受けのはずが、母猫も引き受けてくださったので、親子共々安心安全な屋根の下で暮らせることになりました。

母猫は子猫同士が遊んでいるのを、毛繕いの傍らしっかり目の端に入れて見守っています。

「ニャッ!ニャッ!」と子猫を呼ぶ声には特徴があって、声が上がると遊んでいた仔猫たちも直ぐに母の元にやってきます。

でも9月のお世話の時は、もうその声でなくこともなくなってました。親離れ子離れが進んでいました。

お家の中が安全な事も分かったんでしょうね。

母猫と子猫を一緒に飼うと、猫の生態、習性など普段とは違う面を発見でき、とても面白いです。

ですから、子猫ちゃんだけでなく、ぜひお母さん猫も一緒に引き受けてほしいですね。

お母さん猫といっても、多くは一歳ほど、まだ幼さもあります。子育てが終われば、ホントに甘ったれさんになります。

実際、母猫のオトちゃんも6月のころは、子育ての延長で気が張っていた感もありましたが、9月にはすっかりリラックスしていました。

お腹を出して撫でてポーズもしてくれました。

猫にも人と同じように歯の抜け変わりがあって、生後四週間目位までに生えそろった乳歯が成長と共に抜けて永久歯に生え変わります。

人間と違って永久歯が全て生えてから、乳歯が抜けます。生後三ヶ月~六か月頃までに全ての歯が乳歯から永久歯に変わります。

一番よく分かるのが犬歯です。乳歯の横に立派な永久歯が生えてくるので、タイミングよく見つけられたらとてもラッキーですね。

このW犬歯、仔猫のころから育てないとお目にかかれません。気づかずにいれば生え変わりが終わっていたなんてことも。

乳歯の生え変わりは成長の証です。お世話の途中でW犬歯を見られて幸運なキャットシッターでした。

ツバメ君とテクテク君の今後の成長が楽しみです。
 
母猫のオトちゃんは三毛柄
 
親子で揃ってごはん、外ではゆっくり食べられなかったね
 
親子でのんびり
 
ツバメ君
 
テクテク君
 
仲良くご飯
 
少し成長・・・
 
テクテク君、永久歯がちょっと出てきた
 
ツバメ君、かなり永久歯が伸びてきた
この読みものに付けられたタグ キャットシッター