愛?それとも…。猫の寝る位置でわかる可愛い本音5パターン

By ハナ
愛?それとも…。猫の寝る位置でわかる可愛い本音5パターン
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし
あなたは猫とは一緒に寝てますか?
我が家の猫は一匹で眠るときと一緒に眠るときとまちまちです。
一緒に寝るときは大抵主人の顔のとなりか、冬場は娘か息子のお腹の辺りで眠っていることが多いように思います。

猫が一緒に寝てくれる、ということは猫から好かれ、信頼されている証拠です♪
しかし猫が『一緒に寝てくれる位置』によって猫のなかでランクがあることを知っていますか?

猫が寝てくれる位置によってはあなたのことを『まくら』や『ほっかいろ』だと思っていることも!

猫の眠る位置でわかる貴方や家族への『本音』をご紹介します♪

 

◆背中に乗るのは『所有欲』

飼い主さんや家族がうつ伏せになったとたん、背中に猫が乗ってくるのであれば、猫が貴方に対して『所有権』を主張している可能性があります。

背中に猫がのることはマウンティング行為の一種で、『この人は自分のもの』だと回りに示していると言われています。
基本的に『自分よりも地位が下』の猫や人の背中にしか乗らないため、猫が背中に乗ってくるというのであれば、猫は貴方を『下僕』のように感じているようです。

『下僕』は言い過ぎかもしれませんが、『何でもいうこと聞く人』くらいには思っているかもしれませんね。

猫に優しく、猫を甘やかしている飼い主さんということは間違いありません。

そんな飼い主さんが大好きだからとられないように背中に乗り所有権を主張しているのでしょう♪

 

◆お尻に乗るのは『まくら』

 人のお尻に頭を乗せて眠る猫って多くないですか?
我が家の猫はたまに私のおしりをまくらに寝ています。
まさしくお尻に乗るのは貴方を『まくら』代わりにしているから!
筋肉がなく、適度にふわふわしていて、ほんのりと暖かいお尻は最高の『まくら』でしょう。
筋肉があり硬いお尻や子供のようにお肉の薄いお尻は寝にくいので『まくら』には選ばれないみたいです。

いい肉付き…と言われているみたいで悲しくなりますが、猫をきもちよくしてあげられるのであれば本望!と思いませんか。

 

◆寒いときだけ来るなら『ほっかいろ』


暑いときやちょうどいい気温の時には猫がそばで寝てくれないのに、寒いときにだけ猫が寄り添って寝てくれるのであればあなたのことを暖かい『ほっかいろ』だと思っているようです。

我が家の子供達は二人とも猫にとっては『ほっかいろ』扱いみたいですね。
家族のなかで体温が高い人を選んでいるところが猫らしく、賢く思います。

とはいえ、嫌っている相手で暖をとることは猫にはありません。
猫に嫌われているわけではないので安心してくださいね。

 

◆お尻を向けて眠るのは『信頼』

猫が顔にお尻を押し付けてくるとき、少し恐怖を覚えます。
『おならしないかな』とか『うんちがついてないかな』とか不安になってしまいませんか?しかし猫が顔の横でお尻を向けて眠るのは、貴方を信頼して『背中を預けているから』なんです。

元々野生で暮らしていた猫が本能的に『背中を預けてくれる』ことは最大級の『信頼』にほかありません。

おしり付近に多少不安はあるかもしれませんが、猫が信頼してくれているなんて幸せなこと。
喜んで受け入れましょう。

 

◆お腹で眠るのは『愛』

人間の手はお腹に一番届きやすいです。
そんなお腹にのって眠る猫は『貴方にはなにもされない』とわかっていて、貴方を信頼し、貴方の顔を見ながらお腹にのって眠っているのでしょう。
猫から本当に愛されている証拠です。

ずっと今の関係でいられるよう、猫の信頼を裏切らないようにしてくださいね!

いかがでしたか?
猫が一緒に寝てくれないから猫から『愛されていない』というわけではありません。
それ以外に愛情を示してくれていることもたくさんあると思います。
しかし、一緒に寝てくれて、しかもお腹で寝てくれているなら貴方のことを猫は大好きで愛してくれているということ。
今のままずっと好きでいてもらえるよう努力しましょう!
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし