間違った行動は逆効果!猫がパニックになった時の対処法

By ハナ
間違った行動は逆効果!猫がパニックになった時の対処法
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし
猫がパニックを起こしたところを見たことはありますか? 
地震や雷、先の暴風雨にビックリしてパニックを起こした猫ももしかするといるかもしれませんね。

猫がパニックに陥ると人間も驚いてしまい、どうしてよいかわからずあわててパニックになるかもしれません。

しかし人間までパニックになってしまっては猫にとって逆効果になります。

猫がパニックを起こしてしまったら、どのように対処するべきなのでしょうか。
猫がパニックを起こす原因と対処法をご紹介します。

 

◆猫がパニックを起こす原因

猫がパニックを起こす原因は大きく分けると2つあります。
1つは猫が命の危機を感じるようなビックリする出来事があったとき。
猫がパニックを起こす原因としては『びっくり』が一番多い原因かもしれませんね。

まさに上記したように地震や雷、大雨や暴風などが当てはまるでしょう。
それだけでなく花火やお皿を割るような大きな音にビックリしてパニックに陥る猫も少なくないようです。

また猫のテリトリーに知らない人が入ってきたり、怖い動物が入ってきた、などでもパニックを起こす猫もいます。
実際、我が家の猫も私が150センチほどのおっきなぬいぐるみを持り何気なく猫のとなりにおいた瞬間、見たことがないくらい猫が飛び上がりパニックになったことがありました。

猫にとって『びっくりすること』は猫それぞれ違いますが、『びっくり』でパニックになる猫は本当に多いようです。

猫がパニックになる原因は『びっくり』だけではありません。
病気でもパニックをおこすことがあります。
病気が原因の場合、正確には『猫がパニックを起こしているように見える』だけで本当にパニックを起こしているわけではありません。

例えばてんかんの発作やナルコプレシー、カタプレキシーなどの発作は猫がパニックを起こし倒れたようにも見えてしまいます。

猫のてんかんの発作は痙攣して倒れ、ナルコプレシーなどは痙攣せずに急にパタッと脱力して倒れるのが特徴です。
どちらにせよ、猫のパニックとはことなることは恐らくわかるかとは思います。
病気が原因でパニックのように見えている場合は数秒から数十秒で発作が終わることがほとんどです。

それよりも長く発作が起きているようであれば病院にいくようにしましょう。

また病気だけでなくケガでパニックを起こす猫もいます。
我が家の猫も痔になったときにあまりの痛さからパニックに陥った経験があります。
ケガのパニックは見えにくい部分のケガであればあるほど、なぜパニックを起こしているのか飼い主にはわかりづらいもの。
原因不明で猫がパニックを起こしているのであれば、見えない箇所のケガやパニックに見える病気の可能性も否めません。
一度病院で見てもらった方がよいでしょう。

 

◆猫がパニックを起こしたら?

猫がパニック状態になったら、飼い主としては抱き締めて落ち着かせてあげたくなるかもしれません。
走り回ったり、興奮している体を無理矢理捕まえて大丈夫だよ、と優しく声をかけたくなる気持ちもわかります。

しかし、パニックになっている猫を無理矢理捕まえたり、抱き締めることは絶対にしてはいけません。

猫がパニックに陥っている最中は猫にさわらないことは基本です。
パニックにになっている時、猫は飼い主さんのことを認識できなくなっている可能性がかなり高いため、無理矢理抱き締めると飼い主さんであっても攻撃されるかもしれません。
また興奮する原因にもなるので逆効果です。
 

猫に触れて落ち着かせてあげたくても、グッと我慢して猫のさせたいようにさせておきましょう。
もし可能であれば、猫がパニックになっている部屋から他の部屋に移ってもいいかもしれません。

猫がパニックを起こした場合には猫は静かに見守るだけにしましょう。


いかがでしたか?
夏は花火や帰省などパニックになってしまう猫が少し増える時期かもしれません。
正しい対処法さえしっていれば、飼い主さんがパニックになったり、猫がもっとひどいパニックに陥ることはありません。

猫のパニックには正しい対処法を!
この読みものに付けられたタグ 知識 暮らし