あなたは猫に愛されてる?その猫の「猫パンチ」の意味を知ろう!

By bzp00343
あなたは猫に愛されてる?その猫の「猫パンチ」の意味を知ろう!
この読みものに付けられたタグ 暮らし
素早く繰り出される猫パンチ。これをやられなかった飼い主さんはおそらく皆無のはず。
しかし「猫の猫パンチで気絶した」という経験のある飼い主さんもいないでしょう。

しかし!実は猫パンチの威力はすごいのです。猫の猫パンチは、猫のその時の気持ち次第では軽い凶器になることも。

今朝あなたがやられた愛猫の猫パンチの威力はどれくらい?その威力によって、あなたが猫に愛されているかどうかがわかるかも知れません。

今回は、実はすごい?猫の猫パンチの秘密を調べてみました。

 

■実はすごい猫パンチ!ニワトリが気絶するかも?


猫にちょっかいを出してお見舞いされた一撃の猫パンチ。おそらく爪が出ていなければ、むしろ「気持ち良い♡」レベルかも知れません。

しかしもともと猫の猫パンチは野性時代、猫が鳥などの獲物を抑え込むためにしていた仕草です。獲物が鳥の場合、バタバタと暴れて飛び立とうとするのを抑えるために、結構な力が必要だったはず。

哺乳動物学者の今泉忠明先生によれば、猫の猫パンチには

「ニワトリを一撃で気絶させる」

威力があるという説もあるとか。これは結構なパンチ力ですよね。小さな子供ならまさに「ど突かれた」ぐらいの威力でしょう。猫パンチを侮ると怖いかも知れませんね。

 

■いろんな方向から猫パンチができる理由


猫の柔軟な前足の動きには「鎖骨」が関係しています。猫の鎖骨は「胸骨」や「肩甲骨」と筋肉によって繋がっていて、肩が固定されない構造になっているのです。

このことから、猫は犬と比べるとかなり柔軟に前足を大きく動かすことができます。器用に猫パンチが繰り出せるのはそのせい。ちなみに犬は鎖骨がほとんどないためにこの様な「犬パンチ」はできないと言われています。

 

■猫パンチをする足は決まっている?


断言はできませんが、どうやら猫には「利き足」があるのでは?ということがわかっています。イギリスの動物学者が研究した報告によると、オス猫の場合はとっさに「左足」で猫パンチすることが多く、メス猫の場合は反対に「右足」で猫パンチすることが多かったとか。

それ以外では、子猫時代に初めて狩りに成功した時に使った方の足が「利き足」になる、という説もあります。

 

■どんな時に猫パンチをするの?


猫パンチにはバリエーションがあります。どうやら「攻撃」「防御」「チョイチョイ」の3つのパターンがある模様。

猫がおもちゃなどに猫パンチするときは獲物を仕留めるといった「攻撃」の猫パンチ。そして他の猫との喧嘩の時に繰り出す猫パンチは攻撃以外の「防御」の意味もあります。

防御でする猫パンチは、体を引きながら前足を出すので猫の体勢に注目して見ると良いでしょう。
そして意味もなく飼い主さんを猫パンチしてくる場合は、「ちょっとアンタ」「好奇心」「何だろう?」という猫の気持ちが込められている様です。

 

■猫パンチをよくする猫の傾向は


猫パンチを繰り出す猫は、喧嘩上等!という強気のオーラを放っている様なイメージがありますが、実は反対。

猫は意外にも平和主義。他の動物にちょっかいを出して関わろうとするのは子猫、若い猫にはみられても、成猫になるとあまり見られなくなる傾向があります。

その意味でも、猫パンチをよくする猫は弱気や怖がりの猫に多い様です。怖いという気持ちからついつい猫パンチを繰り出し、ダーッと逃げる、というビビリな猫に多い傾向があるかも知れませんね。

 

■猫以外でも猫パンチってするの?


実は猫パンチは体の構造によってできない動物もいます。猫以外では、猫と体の構造が似ているトラやヒョウなど猫科の動物は全般に猫パンチをするそうです。

猫以外でこの猫パンチができるのはクマ。このクマの上から叩きつける猫パンチは特に強烈。哺乳類最強と言われています。

 

■最後に


いかがですか。実はすごい猫パンチ。ちなみに猫パンチで猫は自在に爪を出したり引っ込めたりできます。これって実はすごいテクニック。犬だって真似できません。

愛猫に猫パンチされて、爪で思い切りひっかかれた場合は猫もかなり本気モード。あなたの行動が猫の逆鱗に触れたかも知れません。

愛猫が、ほとんどの場合は爪を出さないふんわり猫パンチをする様ならそれは一種の愛情表現。猫なりに配慮している猫パンチです。あなたが愛猫に愛されている証かも知れませんね。
この読みものに付けられたタグ 暮らし