猫に流れる時間

By キャットシッターはるた
猫に流れる時間
この読みものに付けられたタグ キャットシッター
猫の成長は1才を迎えると、人の年齢に換算すると20才。

その後は一年ごとに4才づつ増えていきます。例えば今10才の猫は、1才で20才+9才×4年=36才なので合計56才になります。

おおよそですが、このように猫の成長は私たちの時間の4倍というスピードで過ぎていきます。

ということは私たちの一日24時間は、猫たちには4日に当たるわけですね。

6時に起きて朝ごはんをあげて、私たちが昼ご飯を食べる12時頃には、猫たちはすでに一日が経っている!

そう考えると、昼ころに「ごはんまだぁ?」「えー。さっき食べたじゃない!」という会話もそれぞれの時間の経過が違うからかもしれませんね。

こんなふうに猫の時間は私たちより早いことを考えると、コミュニケーションの仕方もちょっと考え直してみるといいですね。

朝、沢山撫でてスキンシップしてお出かけしても、半日経ったら猫には二日も会ってないことに!

お仕事から帰って来たあなたを玄関に迎える猫にとっては「二日ぶり!会いたかったよー」になるわけです。

迎えてくれる猫には、きちんと向き合って、先ずは感謝をこめて、ナデナデしてあげたいですね。

これからゴールデンウィークが始まります。お留守番の猫たちも沢山います。

季節的には、とても過ごしやすくてお留守番にはいいのですが、猫たちが過ごす日数が4倍だということを頭に入れておいてください。

1泊くらいは、私たちにはあっという間に感じますが、猫たちは4日間を過ごすことになります。

先日、8日間のお留守番をした猫さんがいました。

4倍なので、なんと32日間という一ヶ月近いお留守番をしたことになります。

帰ってきたら、ちょっとよそよそしかった・・・というのもうなづけますね。

猫の時間の早さを思うと、朝は元気だったのに夜には具合が悪くなることも私たちの感じる時間ではないと思うことも大事ですね。

逆に治るときも早く感じるのは、猫の時間だからなんでしょうね。

そう思うと、猫との時間は一分一秒でも大切にしたくなります。

ゴールデンウィーク、お出かけがないなら猫と一日中まったり過ごすのも悪くないですね。
 
 
この読みものに付けられたタグ キャットシッター