どうしてこうなの?猫と遊ぶときに飼い主さんが困ってしまう5つの悩み

By bzp00343 2018/04/02
どうしてこうなの?猫と遊ぶときに飼い主さんが困ってしまう5つの悩み

このブログに付けられたタグ

おやつよりも遊ぶことの方が好きかも知れない我が家の愛猫。今まで猫じゃらしを何本アマゾンでポチったか分かりません。

よく「柱のキズは子どもの成長の証」などと言いますが、我が家の場合は柱も廊下も階段も家中のいたるところに愛猫が成長した証が。猫じゃらしで遊んでいて、推定1メートル20センチ飛び上がって付けた柱の傷跡には、ちゃんと愛猫の名前を書き込んでいます。

しかし!猫は遊んでいても怒られませんが、ニンゲンは長時間遊んでいると白い目で見られる生き物。そうそう付き合ってはいられません。

おかーさんは今から仕事するからね、と猫に言い聞かせてもヒートアップした愛猫は何度も目の前に猫じゃらしを咥えて持ってきては「早くやれや!」の催促。ちょっと君、シツコイよ。。。

しつこい猫との遊び方、反対に飽きっぽくて遊ばない猫とへの対応など、今回は猫と遊ぶときに飼い主さんが困ってしまう悩みについて調べてみました。

 

■しつこくずっと遊びたがる猫への対応


猫の要望に応えるままにずっとおもちゃを振り回していると、猫はおもちゃが動いている限り、興味をそそられてしまうそうです。

まずはおもちゃを動かすのはやめましょう。狩りでも獲物が死ぬと猫は興味を失いやすくなります。まずは「もう死んだ…。」というつもりでおもちゃを止めましょう。(ついでに自分も死んだふりをすると良いかも)

しかし急に遊びが終わってしまうと猫もがっかりしてしまいます。その場合はマタタビの棒や蹴りぐるみなど、猫が1匹で遊べるタイプのおもちゃを与えて気をそらすのがコツです。(マタタビの棒は粉末の粉よりも比較的猫の反応は弱いと言われていますが、マタタビに興奮しやすい猫の場合は長時間使用させないで下さいね。)

 

■すぐに遊びに飽きてしまう猫への対応


目の前で猫じゃらしを振ってもシレーッとして反応しない猫ちゃんもいます。その場合は使っているおもちゃが好きなタイプとは違うのかも知れません。

また、猫じゃらしの振り方にもコツがあります。目の前でおもちゃをただ振るだけの動かし方よりも「見せてからパッと隠す」「早く動かしたり遅くしたり」「飛んだりはねたり」など動きに変化を付けてみるのも良いでしょう。

 

■おもちゃをすぐ破壊してしまう猫への対応


本物のウサギの毛など、動物の毛を使ったおもちゃや、ピラピラしたセロファン紙などでできたおもちゃは、猫が興奮しすぎてすごい力で破壊してしまうことがよくあります。

本物の獲物のようなおもちゃは、飼い主さんがいるときにのみ使わせましょう。破壊するだけならまだしも、誤って誤飲してしまうと大変です。

小さな鈴や、取れやすいアクセサリーなどがついているおもちゃも危険です。おもちゃをすぐ破壊してしまう猫と遊ぶときは、丈夫な布でできたおもちゃや、オーガニックのもの、ゴム製など、誤飲しないおもちゃを選ぶと安心です。

 

■やめ時がわからない


その猫の年齢や体力によって猫と遊ぶ時間は変わります。若い猫は毎日遊びたがりますが、シニアの猫になると数日に1回程度など、遊ぶ時間はまちまち。

しかし猫の遊びのやめ時にはどんな猫も同じ特徴があります。それは猫が興奮しすぎている、と感じたとき。

猫は興奮すると目のふちや鼻がうっすらと赤くなります。また、おもちゃを掴んで離さないなど、ヒートアップしすぎたら、一旦クールダウンすると良いでしょう。

 

■いつ遊ばせたら良いの?


猫はもともと夜行性の動物です。そのため昼間は体力を温存するためにグータラと寝ていることが多いのですが、夕方以降になると活動的になります。

よく猫が「真夜中の運動会」をするのはそのせい。できるなら、猫とは夕方から夜に遊んであげると、あまり遊びたがらない猫や飽きっぽい猫でも比較的ノッて遊んでくれるようです。

あまりオススメしないのはご飯を食べた後に遊ばせること。はしゃぎすぎた猫がご飯を嘔吐してしまうかも。我が家の場合、子猫のときは興奮しすぎておしっこを粗相してしまうこともありました。

 

■最後に




いかがですか。猫と遊ぶときに飼い主さんが困ってしまう5つの悩みを紹介しました。これ以外にも、どんなおもちゃを選んでいいかわからない、という人もいるようです。

その場合はもちろん猫壱の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」をぜひお勧めしますが、ポイントとしてはおもちゃを出しっぱなしにしないことも大切です。

猫に良かれと思っておもちゃを出しっぱなしにすると、猫は飽きてしまいます。おもちゃはその都度かたずけたほうが新鮮味があって猫の興味が持続します。

猫のおもちゃを数種類用意して、ローテーションして使うのもオススメ。ぜひ試してみて下さいね。

このブログに付けられたタグ

0件のコメント


コメントするにはログインしてください

login