飼い主が誤解しがちな猫の行動・こんなとき、猫の気持ちの真相とは?

By bzp00343 2018/03/09
飼い主が誤解しがちな猫の行動・こんなとき、猫の気持ちの真相とは?

このブログに付けられたタグ

猫がリラックスした状態で尻尾をパタパタ激しく振っていたら。とっても機嫌が良さそうに見えますよね。しかし「あら、うちの子はご機嫌なのねぇ。」と思ってしまうのは間違いかも。

猫が犬のように尻尾をブンブンと振り回しているときは、状況にもよりますが、大体において、「イライラしているサイン」です。

本当に穏やかでご機嫌なとき、猫は力を込めずに尻尾をゆらゆらとゆっくり動かすことが多いのです。

喜怒哀楽が顔に出やすい犬に比べて、猫の行動はちょっとわかりにくい場合があります。飼い主が誤解しがちな猫の行動、もしかしてあなたも誤解しているのでは?

今回は猫がこんなことをしている場合、猫の気持ちの真相について調べてみました。

 

■猫を叱った後、反省したように甘える場合


猫を叱ると、いつもと違う飼い主の様子にすっ飛んで逃げる場合があります。しかしその後、ソロソロと戻ってきて「ニャー」と鳴いて甘えてきます。そんな猫を見て「よしよし、反省したんだね。」と思うことがありませんか?

この猫の行動、実は「反省」したように見えますがそれは飼い主さんの勘違い。逃げた後に戻ってきて甘えるのは、「自分の気持ちをなだめようとしている」のです。

猫は甘えると優しくしてもらえることを知っています。飼い主さんに優しく接してもらい、自分のハラハラした気持ちを落ち着かせたい、その気持ちで甘えているだけ。

猫の気持ちは「楽しい」「眠い」「安心」「不安」といった本能的な感情が中心です。理性を働かせたり、相手の気持ちを探るような考えは基本的にはないと言われています。

 

■猫トイレを掃除していると見物しにくる


我が家の愛猫も私が猫トイレを掃除していると背中越しにずっと見物しています。「ちゃんと綺麗に掃除しているかどうか監視しているのね。」と思っていましたが、どうやら違うよう。

猫が飼い主を上から目線で見たり、疑ってかかるということはないそうです。掃除をずっと見物するのは掃除中のザッザという音が面白いのか、それとも単に好奇心かも。

きれい好きな猫の場合は、掃除した後にすぐにトイレを使いたいから、ということも考えられるそうです。

 

■来客と話していると近寄ってくる


見知らぬ人にもフレンドリーに接する猫もいます。ただ、必ずしも「近寄る=友好的」というわけではありません。

来客と話しているときに近寄ってきても、飼い主さんだけを見つめて鳴いたり、飼い主さんだけに甘える仕草をするなら、それは「不安」なのかも知れません。

フレンドリーな猫も確かにいますが、飼い主さんの関心を来客に奪われて猫が不安になっているという可能性もあるそうです。

 

■飼い主が帰宅すると体をこすりつけて甘える


仕事から帰ってくると玄関で待ち構えている猫。「よしよし、寂しかったんだね?それともご飯?」と思う飼い主さんは多いはず。

しかしこの行為、確かにそれも当たっているかも知れませんが、飼い主に外出前に擦り付けておいた自分の匂いが消えているので焦って付け直している、という可能性も否定できません。

 

■飼い主の手足を噛んだ後にペロペロ舐める


「わかったよ、謝っているんだね。」愛猫が飼い主の手足を噛んだ後にペロペロ舐めると、謝っているのかと勘違いする人は結構います。

しかし残念ながらこれはもっと深い理由があります。「噛んだ後に舐める」という行動を猫がした場合、それは「獲物を捕まえて味見している」状態のことがあるのです。

猫は狩猟動物です。飼い主さんの手足を噛むのは完全に狩猟モードに入っているから。また、この「舐める」という行為は、猫が自分の心を沈めたいときにもやる仕草です。噛み付いて飼い主さんを怒らせた場合、恐怖心から逃れようとして舐めている可能性もあります。

 

■最後に


人間と猫の違い。身体能力にもかなり差がありますが、実は気持ちにも「ズレ」があります。猫には、

・仕返しをしたい
・困らせたい
・羨ましい
・謝りたい
・お礼をしたい
・過去が懐かしい

といった感情は持っていないのだそうです。そもそも猫の基本的なコミュニケーション手段は言葉ではなく「匂い」です。鳴き声は猫にとっては「ねえちょっと」という程度にしか使いません。

猫の気持ちの真相は、鳴き声ではなく、スリスリなどのスキンシップでわかります。飼い主さんは誤解しないように、日頃からスキンシップをこまめに取るようにして下さいね。

このブログに付けられたタグ

0件のコメント


コメントするにはログインしてください

login