猫は笑う?猫のご機嫌は飼い主さん次第。実はすごい動物の共感能力とは

By bzp00343
猫は笑う?猫のご機嫌は飼い主さん次第。実はすごい動物の共感能力とは
この読みものに付けられたタグ 知識
「うちの犬はよく笑うんだよね~!」というセリフ、犬の飼い主さんからよく聞きます。それなら猫はどうなのでしょうか?あなたの愛猫ちゃんは、よく笑いますか?

人間以外でも、動物はもちろん笑います。イルカもチンパンジーもネズミもよく笑うそうです。生物学者のエルス・パウルセンによると、クマは爆笑するとか。

「クマはゴリラのような笑い方をし、口を大きく開けて、声を出さずに首を縦横に振る。セサミストリートの人形そっくりに笑う。」

とエルスは語っていました。動物の世界も、きっと楽しいことが多いのでしょうね。

 

■猫は飼い主の気持ちに共感する?


楽しいことがあれば笑い、悲しい時は悲しむ。動物にも感情はあります。しかし、その感情が他者とどこまで「共感」できるのか、ということは、動物学者の間でも長年の疑問でした。

よく、飼い主があくびをするとペットもあくびをする、という同じ動作をすることを、専門用語で「情動感染」と呼ぶそうですが、私が知る限り、これは犬も同じ仕草をしますよね。

(私はこの記事を書く前に、7回ほど猫の前であくびをして見せましたが、残念ながら愛猫はやらず、「ばかじゃないの、こいつ。」みたいな目で見つめられてしまいました。でもおそらく、猫もこの情動感染、やると思います。)

この情動感染をする動物なら、あくび以外でも、飼い主が悲しければ悲しみ、嬉しいときは一緒に喜んでくれるのでは?という仮説が成り立ちます。

犬も猫も、きっと「鼻は冷たくても心は温かい」はず。今回は、猫がどれくらい飼い主さんの気持ちに「共感」してくれるのかを調べてみました。

 

■猫は人の気持ちを読み取れる?


科学者のイザベッラ・メローラは、36組の猫とその飼い主を対象にした「社会的参照」の実験を試みました。「社会的参照」とは、そばにいる人や動物の感情のシグナルを読み取れるかどうかを調べること。このことから他者との共感能力を調べられます。

メローラは、まず扇風機にリボンを取り付けて風になびかせ、これを飼い主が怖がったり喜んだりするのをみて、猫がどんな反応を示すのかを調べました。

その結果、なんと79%の猫が、飼い主の反応に合わせるかのような行動をしたとか。飼い主が扇風機のリボンを怖がったり喜んだりするたびに飼い主と扇風機を交互に見つめ、飼い主の反応に合わせて猫も喜んだり警戒したりしたそうです。

そのほか、飼い主の気持ちがよくわからない状況では、飼い主の顔をじっとみつめて指示を待つこともあったそうです。

 

■飼い主の気分は猫に影響する?


研究者のモライア・ガルヴァンとジェニファー・ヴァンクが行なった実験では、12匹の猫を使って飼い主の気分や気持ちに合わせて猫が行動を変えるかどうかを調べました。

猫と飼い主を部屋の中で自由に遊ばせ、お互いにリラックスした環境を作ります。その中で、

猫は飼い主が微笑んだり、楽しそうにしているときは、猫もご機嫌で喉をゴロゴロ鳴らして体をすり寄せたり、膝によじ登って甘えたそうです。

ところが同じように猫と飼い主が一緒にいる時、猫を叱るのとは別に飼い主が眉をひそめたり、喧嘩腰で話したりすると、猫もピリピリしたオーラを感じるのか、警戒して飼い主に近寄らず、その間ずっと愛想も悪かったそうです。

 

■最後に


いかがでしょうか。どちらの実験結果も完璧とは言いませんが、それでも猫にはちゃんと共感能力があることが実証されました。

犬に比べるとやや分かりにくいものの、猫もちゃんと笑います。「笑う」というと人間はつい、「広角をあげて目尻の下がった笑顔」を思い浮かべますが、動物の場合は顔よりも声や仕草でわかるそうです。

犬の場合は遊びたいときは「独特の喘ぎ声」を出すことがわかっています。人間の耳には普通に喘いでいる声にしか聞こえませんが、波長ごとのスペクトログラフを使って分析すると「笑う」声として反応するそうです。

猫の出すゴロゴロ音も、ご機嫌な時の合図ですよね。猫が嬉しいときは尻尾をピンと立てて飼い主にすり寄って甘えたりします。

その時の顔は目をつぶってヒゲが下がっている表情を浮かべています。この猫のヒゲが下がっていて、目をつぶってリラックスしている表情が、猫がご機嫌な時の笑顔、と言えるかもしれませんね。
この読みものに付けられたタグ 知識