欲しがるけど、大丈夫だよね?人の食べ物で猫にあげていいものとは

By bzp00343
欲しがるけど、大丈夫だよね?人の食べ物で猫にあげていいものとは
この読みものに付けられたタグ
休日は猫とまったり。膝に乗った猫がおねだりするから、ついつい自分のおかずをあげてしまった。でもこの食べ物、猫にあげても大丈夫なの?

猫と暮らしていると、1回くらいは経験があるのでは?つい自分が食べているおかずを猫にシェアしてしまって、後から不安になったことはありませんか?

人の食べ物は、猫にあげるのは基本的にNG、と言われていますが、手作りごはんを与えている人もいます。猫に与えても大丈夫な食べ物もあるはず。

今回は、猫に与えても大丈夫な食べ物と、注意点について調べてみました。

 

■ヨーグルトドリンク


「私が飲んだ飲み残しを美味しそうに毎回舐めてしまいます。これは大丈夫?」

ヨーグルトを与えるなら、無糖のものがオススメです。整腸作用があるので与えている飼い主さんも多いのでは?与えるなら小さじ1杯程度。無糖タイプに水を加えるなど、猫が飲みやすくしてあげると良いでしょう。

 

■ツナ缶


「缶を開ける音だけですっ飛んできます。大好きなのですが、これは大丈夫?」

ツナ缶などの缶詰は猫にとっては塩分や油分、脂肪分が多すぎるのでオススメはできません。与えるのはやめて、代わりにマグロなどを少量与えるようにした方が安心です。

 

■バター


「バターは猫の便秘に良いと聞いたのですが、これは大丈夫?」

バターは塩分が多め。そして猫に与えると消化不良を起こす原因になる場合があります。バターを与えるのはオススメできません。
 

■さつまいも


「我が家の愛犬はさつまいもが大好き。猫にあげても大丈夫?」

さつまいもは食物繊維が豊富。しかし高カロリーなので、肥満の原因になってしまうかも。猫が食べたがるなら、ほんのひとかけら程度で十分です。

 

■鰹節


「味噌汁の出汁に使った鰹節を時々盗み食いします。これは大丈夫?」

猫に鰹節、という諺がありますが、鰹節はミネラル分が豊富なので猫に与えすぎると結石の原因になります。

泌尿器系の病気にかかったことのある猫には絶対にNG。もし猫が欲しがる場合はペット用の鰹節を週に1回程度が適量です。

 

■アジの干物


「私が食べた後のアジの皮を食べてしまいました。これは大丈夫?」

魚だから大丈夫、と思うのは早計です。干物にした魚は塩分が多いのでオススメできません。生の魚の中でも青魚は特に猫には食べさせてはいけないと言われています。


いかがですか。鰹節や魚は意外に猫にはNGの食べ物。そもそも魚を好む猫は日本の猫の特徴かも知れません。

海外のキャットフードの材料を見ると、魚はごくわずか。ほとんどがチキン、ターキーなど。魚はサーモンとツナぐらいでしょうか。鰹節を使っている製品はおそらく日本だけかも知れません。

猫の食べ物。個体差がありますが、人の食べ物を与えるときは「ほんの少し」にした方が安心かも知れませんね。
この読みものに付けられたタグ