猫への投薬は意外に簡単!猫に上手に薬を飲ませる方法とは

By bzp00343
猫への投薬は意外に簡単!猫に上手に薬を飲ませる方法とは
この読みものに付けられたタグ 健康
これから寒くなる季節。猫も人も風邪を引きやすくなりますよね。「早めのパ○ロン」ではありませんが、病気になったら薬を飲むのが一般的です。

ところが猫は薬を飲むのが大嫌い。猫が薬を飲んでくれない。。。と悩んだ飼い主さんも多いでしょう。猫への投薬は、猫の歯磨き同様とても難しいですよね。

今回は、獣医師さんに聞いた、猫への投薬は意外に簡単!猫に上手に薬を飲ませる方法をご紹介します。

 

■猫への錠剤の飲ませ方


一番難しい猫への錠剤の飲ませ方。まずは左手で猫の目の下の鎖骨を自分の親指と人差し指で押さえます。

手のひら全体で猫の頭蓋骨を包み込むように頭を持ちましょう。ここで猫が暴れますから、あらかじめ猫の体を自分の足の間に入れて拘束しておくとやりやすいかも知れません。

そのまま猫の喉を垂直になるように顔を上に向かせます。口を開いたら、猫の舌の中央からやや奥に薬を置き、口を閉じて飲み込ませます。

口を閉じて喉を優しく撫で、そのあと必ず水を飲ませてくださいね。

 

■猫への粉薬の飲ませ方


これは一番簡単かも知れません。苦味がない薬なら、ウェットのフードに混ぜてあげるとそのまま食べてくれるはず。

薬を処方された時に、苦いかどうかを獣医の先生に確認してみてください。ちなみに猫は甘みを感じないので、甘い薬だから飲みやすいとは限りません。

もし苦味がある薬なら、ごく少量、1.0ml程度の水で溶かし、シリンジやスポイトで飲ませると良いでしょう。

その場合は猫の口の横から差し込むのがコツです。どうしても飲まない場合は、カプセルに入れて錠剤と同様に飲ませる方法もあります。
 

■猫への液剤の飲ませ方


猫に液剤が処方された場合、病院からスポイトなどももらえるでしょう。スポイトやシリンジで、まず錠剤を飲ませる時と同様に猫の頭頂部を手のひらで包み込むように固定します。

猫を上向きにさせ、猫の横の犬歯の奥の隙間から少量流し込みます。いきなり大量に入れると吐き出すので、少しずつ少しずつ飲ませるのがポイントです。


いかがですか。猫への薬の飲ませ方。不安な場合は、最初に獣医の先生に病院で実際にレクチャーしてもらいましょう。

慣れると簡単にできるようになります。猫への投薬で大事なのは、勝手に薬の量を減らしたり、飲ませるのをやめてしまうこと。

抗生物質などは、ちゃんと決められた日数を飲ませないと効果が出ない薬もあります。素人判断はとても危険。

猫は病気を隠したがる動物です。もう治ったよ、という振りがとても上手いのです。飼い主さんは騙されないように、もし薬を途中でやめる場合は、獣医の先生にやめても良いか必ず確認すると安心です。
この読みものに付けられたタグ 健康