猫を閉じ込めて可哀想、はウソ?猫をケージに慣らすと良い3つのメリット

By bzp00343
猫を閉じ込めて可哀想、はウソ?猫をケージに慣らすと良い3つのメリット
この読みものに付けられたタグ 暮らし
頑丈で一見「檻」のように見えるケージ。この中に猫を入れることは、「猫を閉じ込めているみたいで嫌」という飼い主さんも多いようです。実は私もそう思っていました。

毎日放浪、時間無視、自由気ままに生活する猫に、ケージでの生活はさぞかし苦痛なのでは?と考えていましたが、実はそうではないのかも。猫は四方を囲まれた狭い空間が好きなのです。

快適な大きさのケージなら、猫も喜んで入るはず。今回は、猫をケージに慣らすと良い、3つのメリットをご紹介します。

 

■猫のストレスが軽減する




猫はとても神経質な動物です。広いところでのびのびと行動するよりも、自分の匂いがする、決まった空間(縄張り)でゆったりとくつろぐのが大好き。

そんな猫は、快適な大きさのケージはまさにお気に入りの個室になります。日頃から部屋の隅にケージを置いて、自由に出入りできるようにして起きましょう。

猫が病気や手術後などの安静にさせたい時、被災して避難所で生活するときも、ケージに慣れておくと猫のストレスを軽減することができます。

 

■心地よい隠れ家になる


複数の猫と多頭飼いしている場合、絶対に必要だと言われているのが、猫の「個数分のトイレ」と「猫の隠れ家」です。

人や猫と完全に隔離できて、襲われる心配のないケージの中は、まさに猫にとって心地よい隠れ家のはず。

できれば人の出入りが少なく、静かで落ち着いた場所にケージを置いてあげると喜ぶはずです。

 

■安心して留守にできる



人には危険に感じられなくても、部屋の中には猫にとって危険なものが沢山あります。飼い猫の死因の主な原因は病気ですが、家の中の怪我や事故で亡くなる猫も決して少なくはありません。

特にいたずらざかりの子猫と暮らしている飼い主さんは、自分が留守にする間は、猫はケージに入れておくと安心して留守にできますよね。

 

■猫大喜び!の猫壱のポータブルケージ


猫のストレスが軽減する、猫の心地よい隠れ家になるという条件を満たしているのが、猫壱のポータブルケージです。こちらは「檻」ではなく、「個室」をイメージして作られているのが大きなポイント。

そしてトイレやベッド、爪とぎなどを入れても十分な空間を確保し、ある程度の時間を中で過ごしても、猫が落ち着ける環境を整えています。

2つある開口部は丈夫な撥水布とメッシュ窓の二重構造で安心、しかも小さく折りたたんで収納できますから、緊急時の備えとして用意しておくと安心ですよね。

また、車のシートにシートベルトで固定できますから、帰省や引越し等の移動時にも安心です。

猫壱のポータブルケージは組立ると50.8cmx50.8cmx81cmですが、折りたたむと30cmx30cmx11cm。コンパクトで重さもわずか1083g。

お揃いでキャリーもありますから、大きくてちょっと、という方はこちらを使ってみてください。



たたみ方もとても簡単!


詳しくは動画をぜひご覧になってみてくださいね。


 
この読みものに付けられたタグ 暮らし