季節の変わり目は要注意!猫に最適な「室内環境」をチェックしよう

By bzp00343
季節の変わり目は要注意!猫に最適な「室内環境」をチェックしよう
この読みものに付けられたタグ 暮らし
もともと先祖は砂漠で暮らしていたという猫。暑さには比較的強いと言われていますが、現代の猫にはあまり当てはまらないかも知れません。

完全室内飼いで、外に出ることのない猫にとって、季節を感じる環境が少なくなっています。昔は季節ごとにあった換毛期も、現代の猫には周期ははっきりしないという意見もあります。

そんな猫にとって、季節の変わり目はちょっと注意してください。暑すぎる日と突然涼しい日が交互にやってきて、気温が急激に変化する季節の変わり目は、猫も体調を崩しがちになります。

そんな時期に室内を快適に保つコツとは?安心して猫に留守番をさせられるように、今回は、猫に最適な「室内環境」をチェックする方法をご紹介します。

 

■扇風機は意味がない?


そろそろクーラーはやめて扇風機だけにしようかな…。人間の考えでは、クーラーのあたりすぎは体に悪い、という見方がありますが、猫にとっては扇風機の風の方が問題かもしれません。

なぜなら猫は肉球からしか汗をかかない動物です。皮膚の気化熱で体を冷やすという性質は猫には当てはまりません。

むしろ猫には扇風機よりも室内の温度を一定に保つクーラーの方が良い、との見方があります。扇風機は猫にとって必要な室内の温度差を奪うという意見もあるので、使用するときは気をつけるようにしてください。

 

■直射日光を避ける




猫は外を見るのが大好き。しかしカーテンをしないで直射日光が当たる部屋は、室温を上がりやすくなります。

今日は暑くなるかわからない、という日は、特に遮光カーテンを引いて室内の温度を変えない工夫が必要です。

 

■水をたくさん用意する




猫は本当に水分をあまり取らない動物です。夏の脱水を防ぐ意味でも、部屋中のあちこちに水を用意していつでも飲めるようにしておきましょう。

猫壱のウォーターボウルは安定した重さと高さがついているのが特徴です。シンプルなデザインは部屋のあちこちに置いてもインテリアの邪魔になりません。

フードボウルとお揃いにもなりますし、専用のトレーも販売していますから、水がこぼれた時も安心です。

 

■猫が自由に温度を選べる工夫を


猫に留守番をさせるときは、室内の温度差ができる環境を整えてあげましょう。暖かい空気は部屋の上部に溜まり、ひんやりした温度は床が最適です。どちらの場所にも猫がお気に入りの猫ベッドを置いて、自由に猫に選択できる環境を作ってあげてください。


いかがですか。季節の変わり目は、人間も体調を崩しやすくなります。こんなときは夜遊びしないで早く帰宅して、愛猫とまったりするのが一番。猫ちゃんもきっと喜ぶはずです。
この読みものに付けられたタグ 暮らし