あなたの猫のなき方は?

By キャットシッターはるた
あなたの猫のなき方は?
この読みものに付けられたタグ キャットシッター
「にゃー」言わずと知れた日本猫のなき声だ。

お隣の韓国では『ヤオーン』、中国では『ミヤオ』、イギリス・フランス・スペインでは『ミュウ』・・・

どうやら、猫の共通語は『ミャウーン』あたりでおさまりそう・・・。

ところが、日本のとある地域に特殊言語を発する猫村がある。

そこでは、一頭たりとも「みゃー」とはなかない。

猫界の異文化村、何を隠そう我が家です。

白猫のしろみちゃんは、「ウッ、キウゥー」、黒猫のクロードは「ナォオーン」、事故で右脚のないためお君は「ゴォ、ヒィ―ン」・・・

ためお君に至ってはロバ以外の何物でもない。

今いる猫ばかりではなく、我が家の猫歴史を紐解けば、ブルーの瞳が美しいヒマラヤンの故アミは「ン、ギブゥ!」とないていた。

他にはないそのなき声、思い出すと目が潤む・・・。

あるときネットを検索すると「猫のなき声事典」を発見。

そこには「あ」から「ん」まで色々ななき方が紹介されていた。

「ん」からなく猫なんてうちのアミだけかと思っていたのに「ン●●●」なんてなく猫もいた。

他にも「ぉわん」とか「あいやいやい」など、ユニークななき声が沢山だ。

一緒に暮らす人にはこんなふうに聞こえるのだろう。思わず顔がほころんでしまう。

結局、猫のなき声というのは飼い主との関係で決まるのかもしれない。

我が家のモモちゃんは、近所の公園でご飯をあげていたノラ猫だ。

不妊手術をして、リリース(元の場所に戻す)予定だったが、訳あって我が家で保護することに。

里親を探すにも心を閉ざして一言も発しない。

外ではあんなにお喋りだったのに・・・

ご飯も私が見ている前では食べようとしない。

ずっと遠くを見つめたまま・・・

人間不信になったのだろうか・・・

そこに、登場するのは「引きこもり猫リハビリ看護師・がんじろう」。
 
リハビリ看護師・がんじろう
 
「ご・はーん」となくモモちゃん

ケージの隅で暗く沈んだモモちゃんにがんじろうが近づくと、すると「ぎにゃにゃにゃーーーーぁん!」とかすれ声だがモモちゃんがないた!

それからは、ご飯の時は、ハスキーボイスで催促するようになった。

そして数か月後、なんとモモちゃんは人の言葉を喋るようになった!

「ご・はーん」・・・確かにそう聞こえる。

私は確信する!え、あなたの猫もそう?

ところで、リハビリ看護師がんじろうは、どうなくかのかというと・・・「にゃー」。

すこぶるオーソドックスななき方。

どんな猫の心も開くセラピストがんじろうは、異文化猫村で通訳も兼ねている。
この読みものに付けられたタグ キャットシッター