loading.gif

【猫と同行避難】本当に出来る?置いて行くしかない…(泣)をこれで解決!

By bzp00343 2016/04/30
【猫と同行避難】本当に出来る?置いて行くしかない…(泣)をこれで解決!

このブログに付けられたタグ

出典

いつくるか分らない地震。九州では大分県でまた震度5の地震がありました。1度大きな地震が来ると、日本全国、その影響はどこに出るか分らない気がしますよね~。

東京に大地震が来たら、ワタクシはっきり申しあげますが、愛猫を捕まえる自信がありません。我が家のカイトは超ビビリ。家の玄関がピンポーンと鳴った瞬間にさっとどこかに行ってしまうほど臆病な猫です。

ましてや震度6以上の地震が来た日には、飛び上がってどこかに隠れてしまうはず。そんなカイトをグラグラ地面が揺れる中、さっと捕まえてキャリーバッグに入れて避難する、なんてとっても無理。あり得ないような気がします。

多分、私は子供と一緒にまずは避難グッズを背負って避難するでしょう。避難所に落ち着いてから、あらためて愛猫を探しに戻ると思います。

その間にきっとカイトは瓦礫の山となった家から逃げ出して、行方知らずになっているハズです。

 

☆防災用のキャリーケージを自宅の安全な場所に設置する


201604302211_1-300x0.jpg
出典

地震で愛猫と離ればなれになった場合、普段から使い慣れているポータブルケージを家の比較的安心な場所に設置しておき、フードと水を置いて、猫が帰ってくるのを待ちましょう。

猫は習慣性のある動物です。決まった時間にパトロールして、遊んで、ご飯を食べて…と同じ場所で過ごす事に安心を覚えるはずですから、必ず逃亡しても家に戻ってきてくれるはず。

そんな時、家は崩壊しても、玄関の近くに、いつも使い慣れていたポータブルキャリーを設置し、猫がいつも使っていたネコ砂のトイレ、フードボウルにご飯をいれておけば、帰って来た時にそこに入って飼い主が探しに来てくれるまで待っていてくれるかも?

 

☆普段から部屋でクレートトレーニングしておく


201604302211_2-300x0.jpg
出典

愛猫と地震がおきて離れ離れになった場合、猫が怪我をしていなければ、必ず自分の縄張りである自宅近辺に戻ってくるはず。

そして無事にポータブルケージの中に入って待ってて貰うには、普段からポータブル用のキャリーを部屋に置いて慣らしておいたほうが安心です。

夜寝る前に部屋でクレートトレーニングしてみる、夜の間だけそこで猫が眠るのを習慣にしておくと、イザ、という震災時の時でも迅速に動けそうな気がします。


・・・・・

いかがですか。ペットとの同行避難。おそらく猫は知らない人が周りに大勢いるような場所で過ごすことは大変なストレスです。

普段愛用のポータブルキャリーを自宅に設置し、数日間はそこに動物が被災できるように水やご飯を用意して、人は人、猫は猫で別々に避難した方が良いのでは?

そして避難解除が出たら家で猫と一緒に暮らす方がお互い精神的に楽な気がします。

みなさんはどう思われるでしょうか。
【著名人が多数登場!】メルマガ限定コラムを配信中!
  • メールアドレス
 
      

このブログに付けられたタグ

0件のコメント


コメントするにはログインしてください

login

Follow Me!
  • icon_fb.png
  • icon_insta.png
  • icon_tw.png

猫との暮らしをより豊かにする猫壱(ねこいち・ネコイチ)ブランドサイトです。
わたしたちは猫とお客様を深いレベルで理解することでデザインの美しい機能性にも優れた商品を開発します。